Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月07日

ロジカルシンキングに必要な要素10個|ロジカルシンキングのメリット3つ

ビジネスなどを中心に、問題や課題を解決するメソッドとして最近注目されているのが、ロジカルシンキングです。この記事では、ロジカルシンキングに必要な要素やロジカルシンキングのメリットについてご紹介します。ロジカルシンキングを身につける際の参考にしてみてください。

ロジカルシンキングに必要な要素10個|ロジカルシンキングのメリット3つ
バナー

ロジカルシンキングとは

ロジカルシンキングとは、和訳すると「論理的思考」という意味となり、問題を要素に分けて整理し、筋道立てて考えて結論を導き出す思考法です。普段からトレーニングすることで誰でも身につけることができます。

ロジカルシンキングを身につけることで、わかりやすく、説得力のある伝え方をすることが可能です。また、情報整理や問題解決に効果的なため、生産性の向上にも役立つでしょう。

ロジカルシンキングが必要になる場面

ロジカルシンキングは、経営コンサルティングや営業など、ビジネスシーンで必要となります。

ビジネスシーンでは、たびたび相手に伝えたいことを無駄なく伝える能力が必要です。そのためには、ロジカルシンキングを身につけることが相手との円滑なコミュニケーションを取るために効果的です。

また、課題達成のために合理的なプロセスを構築する必要がある場合にも、ロジカルシンキングは有効な手段であるといえるでしょう。

Web電話帳を導入しませんか?

バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

ロジカルシンキングに必要な要素10個

ロジカルシンキングに必要な要素とは何でしょうか。論理的思考の構成要素にはさまざまなものがあり、それらの条件を満たしている場合は、ロジカルシンキングを行う能力があるといえるでしょう。ここからは、ロジカルシンキングに必要な10個の要素についてご紹介します。

ロジカルシンキングに必要な要素1:主張と根拠に筋道が通っている

ロジカルシンキングには、主張と根拠に筋道が通っている必要があります。論理的とは、主張に対して一貫して筋が通っている考え方のことです。根拠と主張の筋道こそが論理になります。これは、意思決定やコミュニケーションにおいて重要な意味を持ちます。

また、その基本となるのは、3段論法とも呼ばれる演繹的思考と、物事の共通点に着目する帰納的思考です。これらを組み合わせ、論理構造を作ることが大切です。

ロジカルシンキングに必要な要素2:バイアスにとらわれていない

ロジカルシンキングには、バイアスにとらわれていないことが必要です。バイアスとは思考の歪みのことを指します。人は一度思い込むと、その思い込みを否定する事実を見過ごしやすくなり、気づいたとしても大したことではないと過小評価するようになります。

これらのバイアスに陥らないように、広い視野を持ち、物事の全体をバランスよく見渡すことが大切です。

ロジカルシンキングに必要な要素3:合理的である

ロジカルシンキングには、合理的であることが必要です。物事の数値データを合理的に理解し、それに基づいて思考することが必要です。これは費用対効果の高さに結びつきます。

例えば、正しい結論に至ったとしても、上司が平社員がやるべき仕事に時間を使うことが合理的であるとはいえません。合理的であるためには、重要であることとそうでないことを見分けることが必要です。

ロジカルシンキングに必要な要素4:物事を適切に分解できる

ロジカルシンキングには、物事を適切に分解できる能力が必要です。問題解決において、どこに問題があるのか、なぜそのような問題が起きているのか、あるいはどのような対策を行えばいいのかなどを判断するためには、物事を分解できる力が必要です。

また、こういった分解を行う場合には、「もれなくダブリなく」分析する「MECE」というビジネスフレームワークを意識すると効果的です。

ロジカルシンキングに必要な要素5:因果関係を正しく把握できる

ロジカルシンキングには、因果関係を正しく把握することが必要です。問題解決のためには、根本的な原因ではないところに対策を行ってもあまり効果はありません。

そのため、因果関係を把握することは、問題解決において非常に重要な意味を持っています。

ロジカルシンキングに必要な要素6:言葉や数字を適切に扱える

ロジカルシンキングでは、言葉や数字を適切に扱うことが必要です。言葉の定義が曖昧なままでは、合理性を欠き、正しく思考することはできません。

これはロジカルシンキングに限らず、考えるということ全般に共通することです。また、数字の真偽を見極め、しっかりと定量的に考えられることも必要です。

ロジカルシンキングに必要な要素7:判断基準を1つに絞れる

ロジカルシンキングでは、判断基準を1つに絞れることも重要です。物事の判断基準が複数あると、「肝心なときに決められない」「何を基準に決めればいいのかわからない」といった優柔不断な状況に陥る場合があります。

例えば転職する場合、給料が高いが残業も多いA社と、給料は低いが残業がないB社で迷っているとすると、「給料」と「残業時間」という2つの判断基準によって企業を選ぼうとしていることが決断できない原因です。

ロジカルシンキングに必要な要素8:帰納法的な考え方を働かせる

ロジカルシンキングには、帰納法的な考え方を働かせることが必要です。帰納法とは、1つ1つの要素を論理的につなげる演繹法に対し、複数の根拠から結論を導き出す方法のことをいいます。

例えば、「経験がある」「営業実績がある」「専門知識がある」から「活躍できる人材です」というように結論づけるのが帰納法です。アンケートを取る場合のように、その根拠は数が多ければ多いほど説得力が強くなります。

ロジカルシンキングに必要な要素9:無駄な思考をカットできる

ロジカルシンキングには、無駄な思考をカットできる能力が必要です。行き当たりばったりで行動していると、結局、遠回りになることは往々にしてあります。そういった場合は、結論から逆算して考えることで無駄を省くことができます。

ロジカルシンキングに必要な要素10:自分の矛盾点に気づく

ロジカルシンキングでは、自分の発言の矛盾に気づくことが必要です。ロジカルシンキングの基本は「背理法」です。背理法とは、「ある主張が正しいと仮定して、矛盾を見つける方法」のことを指します。

例えば、1つの主張を正しいと仮定した場合、まずはその主張に矛盾点がないかどうかを確認します。そうすることで、自分で自分の発言、思考に矛盾が生じていないかを自分で判断します。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。
バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。

Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

ロジカルシンキングのメリット3つ

ロジカルシンキングを行うことで、さまざまなメリットがあります。ロジカルシンキングは、ビジネスではもちろん、普段の生活でも役に立つメソッドです。ここからは、ロジカルシンキングを行うことによるメリットについてご紹介します。

ロジカルシンキングのメリット1:問題解決力が身につく

ロジカルシンキングをすることで、問題解決力が身につきます。問題が発生した場合、まずは発生場所を特定して、焦点が絞る必要があります。なぜなら、焦点を絞らなければ無駄に時間や労力を消費することになるからです。

こういった場合に、ロジカルシンキングを用いることができれば、論理的に問題の発生場所を特定し、根本原因を突き止めることができるようになります。

ロジカルシンキングのメリット2:説得力のあるアウトプットができる

ロジカルシンキングをすることで、説得力のあるアウトプットが可能です。

問題をそのまま分析すると、分析に不要な点が含まれたままになるため、焦点がぼやけた分析になってしまいます。しかし、ロジカルシンキングの要素分析の過程では、問題が整理されて単純化されるため、より深く分析することができます。

そのため、第三者に説明する場合にも、わかりやすく伝えることが可能となります。

ロジカルシンキングのメリット3:相手からの信頼が高まる

ロジカルシンキングをすることで、相手からの信頼が高まります。

ビジネスにおいては、第三者に自分の考えを伝えるために説明したり、企画書などの書類を作成する必要があります。そういった場合、相手が理解し納得できるような、説得力のある説明や記述を行わなくてはなりません。

ロジカルシンキングを活用することで、意見や企画をスマートにアウトプットできれば、相手からの信頼を高めることができるでしょう。
バナー

ロジカルシンキングを身につけよう

ロジカルシンキングは、問題や課題を解決するメソッドとして有効です。ロジカルシンキングを身につけることで、相手に自分の伝えたいことを的確に伝え、課題に対して適した解決法を見つけることが可能になります。

また、普段から意識することで、営業などのビジネスシーンはもちろん、日常的にも合理的な思考が可能となります。ロジカルシンキングを身につけて、思考能力をよりレベルアップしましょう。
バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

Related