Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月07日

エレベータートークの構成要素6つ|トーク構成の手順や注意点とは?

エレベータートークとはエレベーターなどの僅かな時間に短く簡潔に分かりやすく会話をすることです。短い時間内での会話となるので、商品のベネフィットや独自性を話せなければならないです。エレベータートークを使う場合は、念入りに話しの構成を考えましょう。

エレベータートークの構成要素6つ|トーク構成の手順や注意点とは?
バナー

エレベータートークとは

エレベータートークとはエレベーターに居合わせた際、短い時間内で分かりやすく簡潔に伝える会話術です。限られた時間内で物事を印象付けて、相手を納得することを目的としているのでエレベータートークを習得することでコミュニケーション能力を高めることができます。

取引先を増やしたい人は、取引先の上司とパーティ会場やエレベーターで居合わせたら、エレベータートークを駆使して、商談に結びつけましょう。

数秒間で的確に伝える

エレベータートークは数秒間で簡潔に分かりやすく伝えることが大切です。企業のトップに就いている人は、分刻みで仕事をしていることもあり、たとえ会えても話を簡潔に印象つけるように話せなければ大きなチャンスを掴むことができません。

簡潔に分かりやすく伝えたい人は、出会う機会を作り、結論を述べた上で30秒から1分の間で説明をしながら、説得するつもりで話しかけましょう。

アイスブレイクの手法の一つ

エレベータートークはアイスブレイクの手法の一つです。アイスブレイクとは初対面の人との緊張をほぐしながら、お互いの距離を縮めてコミュニケーションを取りやすい場を作り、仕事をしやすい環境を整えることです。

アイスブレイクの手法を使いたい人は、エレベータートークのように短時間で話を伝えることにこだわらないで、分かりやすい冊子を作ったり、レクリエーションをすることでその場の雰囲気を和ませるようにしましょう。

Web電話帳を導入しませんか?

バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

エレベータートークの構成要素6つ

エレベータートークを構成する要素が6つほどあります。エレベータートークは短時間で簡潔に伝えなくてはいけないので、自分や自社のことをアピールしながら、話全体を印象付けるように話さないと興味を持ってもらえません。

エレベータートークを話したい人は、普段から自分を短い時間で表現することに慣れておき、30秒から1分30秒の間で相手が興味を抱く話し方をしましょう。

エレベータートークの構成要素1:自社や自分の情報

エレベータートークの構成要素に自社や自分の情報を盛り込むことが挙げられます。いきなり話の核心に入らず、自己紹介をしながら、自分の肩書きと取り扱っている商品の紹介をしましょう。初対面で話をする場合もあるので、自己紹介は必要になります。

エレベータートークを使いたい人は、笑顔で簡潔に挨拶を交わしながら、相手に迷惑にならなように、自分の肩書きと取り扱っている商品の説明をしましょう。

エレベータートークの構成要素2:商品のベネフィット

エレベータートークの構成要素に商品のベネフィットを盛り込むことが挙げられます。ベネフィットとは英語で「恩恵」の意味にあたり、自分が売り込みたいと思っている商品を使うことでユーザーにどのような恩恵があるかを簡潔に述べる必要があります。

エレベータートークを駆使する人は、商品を使うことで得られる恩恵をユーザー目線で伝えながら、具体的な行動例を話に盛り込みましょう。

エレベータートークの構成要素3:商品の独自性

エレベータートークの構成要素に商品の独自性をアピールすることが挙げられます。他の会社の商品と違うことを伝えて、取引につなげるためにも紹介する商品に独自性を持たせることが必要です。

エレベータートークを話す人は、商品に携わった人たちの職種や経歴を話しながら、どのような経緯で作られたのかを簡潔に説明するようにしましょう。

エレベータートークの構成要素4:興味を持たせるフレーズ

エレベータートークの構成要素に興味を持たせるフレーズを入れる必要があります。相手に商品を紹介する際に、商品自体をさらに知りたくなるようなフレーズを入れなければ、相手の興味を惹くことができないので良い話へ発展させることができません。

エレベータートークを駆使したい人は、商品に著名人の利用者がいることを話したり、高い数値を示して、それらの証拠を用意しながら、相手の興味を惹くように話を持っていきましょう。

エレベータートークの構成要素5:理由や証拠

エレベータートークの構成要素に理由や証拠を織り交ぜる必要があります。短い時間内で話をする場合、商品を紹介する理由や、売り上げの実績などを証明できないと話自体に信憑性を持たせることができません。

エレベータートークを話す人は、商品に関する実績や体験談などを盛り込み、なぜその商品が必要なのか文書を使って証拠を示しながら理由を話し、聞き手を納得させるようにしましょう。

エレベータートークの構成要素6:クロージング

エレベータートークの構成要素にクロージングがあります。上手に話を伝えられたら、その商品についてどのようなサポートが準備できているのかを伝えて、商談を次のステップに進めやすいように会話を終わらせましょう。

エレベータートークを話す人は、商品のサポートが完備されていることや無料のオリエンテーションを用意していることを伝えて、話をクロージングさせましょう。
バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。

Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

エレベータートークの構成手順5つ

エレベータートークを構成するにはそのための手順が5点ほどあります。話を聞いた相手が理解しやすいように簡潔にトークを構成する必要があるので、自分自身でテーマや内容をイメージしやすいようにエレベータートークを作り上げる必要があります。

エレベータートークを構成する人は、初対面の相手に未知の物を紹介するつもりで、簡潔に分かりやすく話の構成を考えるようにしましょう。

エレベータートークの構成手順1:紙を準備

紙を準備することもエレベータートークの構成手順に必要なことです。エレベーターという狭い空間で使うものなので、話を書き留めるメモ帳も小さく、また、立った体制でも書きやすい物を選ぶようにしましょう。

エレベータートークを構成する人は、立った体制でも書きやすい紙を準備して、速記性のあるペンを使うようにしましょう。

エレベータートークの構成手順2:構成要素のイメージ

エレベータートークの構成イメージを立てるのも構成手順に必要なことです。商品自体にどのようなベネフィットや商品の独自性があるかを分かりやすく伝えるためにも、念入りに構成を考える必要があります。

エレベータートークを話そうと考えている人は、自分で構成した話しを丸暗記できるほど、頭に入れておき、相手の反応を見ながら分かりやすく伝えるようにします。

エレベータートークの構成手順3:アイデアのテーマを決める

アイデアのテーマを決めることもエレベータートークに必要なことです。話し全体のテーマを決めておき、関連性を持たせながら各要素のアイデアを話さなければ、会話を聞いている相手が商品についてイメージしにくくなります。

エレベータートークを構成する人は、話し全体のテーマを決めておき、それぞれの要素にアイデアを盛り込みながら、話しを構成するようにしましょう。

エレベータートークの構成手順4:紙に簡潔に説明文を書く

紙に簡潔に説明文を書くことも、エレベータートークの構成手順に必要なことです。エレベータートークを駆使する場合、時間や場所が限られた場での会話になるので、慌てて間違った情報を伝えないためにも紙に説明文を書いておく必要があります。

エレベータートークを使う人は、紙に相手が理解しやすいように説明文を書いておき、質問があった場合に備えて商品の情報を集めておきましょう。

エレベータートークの構成手順5:ブラッシュアップ

エレベータートークの構成手順にブラッシュアップがあります。自分が構成した話しを口に出して話すことで、相手が聞きやすいのかチェックすることができます。

エレベータートークを考える人は、信頼できる人の前でブラッシュアップをすることで、話自体に違和感がないか、聞きづらくないかチェックするようにしましょう。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

エレベータートークの構成要素6つ|トーク構成の手順や注意点とは?
名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求をしてみてください。
バナー

エレベータートークの注意点とは?

エレベータートークを話すには注意する点があります。エレベータートークは短い時間で話せなくてはいけないので、シンプルな言葉を選び、余計な説明をしないためにも説得力がある話しをする必要があります。

エレベータートークをする人は、回りくどい表現を避けたり、ポピュラーな言葉を話しに盛り込んで、思いやりのある会話を心掛けましょう。

エレベータートークはビジネスの有効な武器となる

エレベータートークはビジネスの有効な武器となります。企業の重役などはエレベーターでしか会うことのできない相手が多いので、短い時間で簡潔に自分の意思を伝えることができればビジネスを有利に進めることができます。

ビジネスを有利に進めたい人は、普段の仕事を円滑に進めるためにも、分かりやすい言葉や簡潔に述べるための会話スキルを上げるようにしましょう。
バナー
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!
社内電話帳・名刺をまるっと一括管理!

生産性の高い働き方を実現するWeb電話帳社員・お客様情報などをクラウドで一元管理。
連絡先を一つにまとめる 電話帳クラウドサービスです。
Web電話帳シェアNo.1コミュニケーションポータル!

Related