Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月02日

統率力がある人の特徴10個|統率力を身につけるための行動3つ

統率力とは人を率いていく力です。仕事全体を把握していたり、メンバーに公平に接したりすることができないと多くの人をまとめ上げていくことが難しくなります。リーダーや責任者といった役割を任された人は、即座に状況を判断する冷静さを持ち仕事をしていきましょう。

統率力がある人の特徴10個|統率力を身につけるための行動3つ

統率力とは何か?

統率力とは、自分以外の社員をまとめ上げながら率いていく力です。多くの人をまとめ上げていく必要があるので、行動力や決断力が求められます。また、部下に公平な立場で接することができないと統率力を発揮できません。

統率力を発揮したい人は、仕事に対する責任感と使命感を高く持ち、多くの人に認められる仕事をしていくようにしましょう。

リーダーシップとの違い

統率力はリーダーシップの素質の一部となっています。統率力はリーダーシップに必要な要素の1つになっており、その他にも組織環境の整備、問題解決力を備えていないとリーダーとして皆を率いていくことが難しくなります。

リーダーとして仕事をする人は、仕事自体に目標を持ち、部下が理解しやすいビジョンを打ち出すことで、社員一人一人の力を発揮させるように動いていきましょう。

マネジメントとの違い

マネジメントとは組織やチームの仕事の進捗を維持したり、品質やスピードを向上させることなので、自分以外の人をまとめ上げる統率力とは違います。組織全体を統率していくことと、社員のモチベーションや作業自体を管理することは別の役割になります。

リーダーとして仕事をする人は、マネジメントを担当している社員に具体的な目標を伝えて、共に目標達成のために動いていくようにしましょう。

統率力がある人の特徴10個

統率力がある人には10点ほどの特徴があります。統率力がある人は、普段から信頼を得ている仕事をしている人が多く、仕事自体の責任感や行動力を持っているので、たくさんの社員に頼りにされていることがあります。

統率力を得たい人は、仕事自体に責任感を持って取り組むだけでなく、自分以外の社員とコミュニケーションを取るようにして、多くの人の信頼や信用を得ることが大切です。

統率力がある人の特徴1:正しい決断をすることができる

正しい決断をすることができるのも統率力がある人の特徴です。統率力がある人は責任感が強く、部下や自分に対しても正しい決断をすることができるので周囲から信頼され、統率力を持つことができています。

統率力を持ち仕事をしたい人は、仕事以外の場に参加することでさまざまな経験を積み、広い視野を持つことで正しい判断力を身につけるようにしましょう。

統率力がある人の特徴2:個々のメンバーに目を配ることができる

個々のメンバーに目を配ることができるのも、統率力がある人の特徴です。リーダーとして仕事をする場合、一人一人のメンバーを気遣うことができなければ、チームの団結力を高めることができません。

リーダーとして仕事をする人は、自分以外のメンバーと綿密にコミュニケーションを取りながら、仕事の進捗状況を注視して動くようにしましょう。

統率力がある人の特徴3:コミュニケーション能力が高い

統率力がある人の特徴にコミュニケーション能力が高いことが挙げられます。多くの人を率いていくには、さまざまな人と会話をして動いていかなくてはならないので、高いコミュニケーション能力が求められます。

リーダーとして仕事をする人は、仕事以外の時間もメンバーと一緒に過ごし、コミュニケーションを取ることでお互いの団結力を高めるようにしましょう。

統率力がある人の特徴4:ピンチに強い

ピンチに強いことも統率力がある人の特徴です。リーダーとして仕事をしていく場合、立場上、辛い場面に遭遇することが多くなりますが、統率力がある人は持ち前の行動力とリーダーシップ力を発揮して修羅場を乗り越えることができます。

ピンチに強くなりたい人は、仕事での経験を多く積み、場数を踏むことでメンタル面を鍛えるようにしましょう。

統率力がある人の特徴5:最終的な責任を負うことができる

最終的な責任を負うことができるのも、統率力がある人の特徴です。リーダーとして活躍している人は、豊富な経験を積んでいる場合が多く、最終的な責任を負わなくても良いように仕事をしています。また、責任を負うことになっても全てを受け入れる度量を持っています。

リーダーや責任者として仕事をする人は、メンバーに仕事の意識を高めさせることで、大きな問題が起こることを避けましょう。

統率力がある人の特徴6:その分野の能力が高い

その分野の能力が高いことも統率力がある人の特徴です。学生時代から職種について専門的に学んでいたり、前職で豊富な経験がある場合、仕事で力を発揮できているので多くの人の信頼を得ることができ、リーダーや責任者といった役目を任されることが多くなります。

リーダーや責任者として仕事をしたい人は、仕事以外の時間でも資格や免許の取得に励んだり、任された作業を探求したりすることで信頼される仕事をしましょう。

統率力がある人の特徴7:信頼される仕事をしている

信頼される仕事をしているのも、統率力がある人の特徴です。人をまとめ上げている人は仕事で実績を上げてきているので上からの信頼も厚く、仕事に責任を持って取り組むことができるのでリーダーといった役割を任されています。

リーダーとして仕事をしたい人は、突発の休みを取らないようにし、毎日の仕事を確実にこなすことで上からの信頼度を上げていきましょう。

統率力がある人の特徴8:さまざまな経験を積んでいる

さまざまな経験を積んでいることも、統率力がある人の特徴です。他のメンバーより年齢を重ねていたり、違う業種での経験が豊富だと仕事に役立てたりすることができるので、メンバーや上からの信頼を得ることができます。

さまざまな経験を積みたい人は、色々な趣味に没頭したり、ボランティア活動や地域活動などで経験を積み、仕事に活かすようにしましょう。

統率力がある人の特徴9:目的や目標を見失っていない

統率力がある人の特徴に目的や目標を見失っていないことが挙げられます。最終的な目標に到達しなければ自分たちや企業側が困ることをよく理解しているので、統率力がある人は責任を持って仕事に取り組むことができています。

リーダーとして仕事をする人は、目的や目標を完遂できなかった場合のことを考えながら、メンバーに指示や指導をしていくことが大切です。

統率力がある人の特徴10:他の部署と連携して仕事ができる

他部署と連携して仕事ができるのも、統率力がある人の特徴です。組織で仕事をしていく場合、他部署の協力を求めなくてはいけないときがあるので、リーダーには場面を見計らう力や普段からのコミュニケーションが必要になります。

リーダーとして仕事をする人は、他部署とコミュニケーションを取りながら、他の部署の仕事内容を把握しておくようにしましょう。

統率力を身につけるための行動3つ

統率力を身につけるための行動が3つあります。リーダーとしてメンバーの仕事を管理しながら、メンバー自身に作業でのトラブルを処理させることで成長を促すことも必要になります。

統率力を身に付けたい人は、他人に影響されない行動力を持ちながら、ときにはメンバーに厳しく接することで統率力を発揮するようにしましょう。

統率力を身につけるための行動1:真っ先に結論を話す

真っ先に結論を出すことも統率力を身につけるための行動です。どんなことでも真っ先に結論を出すのではなく、即座に状況を判断して結論を出すことができれば作業効率を上げることができます。

統率力を身に付けたい人は、仕事の流れを掴むためにもメンバー一人一人の作業工程を把握しておき、即座に冷静な判断ができるようにしましょう。

統率力を身につけるための行動2:途中経過の確認をこまめに行う

統率力を身につけるための行動に途中経過の確認をこまめに行うことが挙げられます。途中経過の確認をこまめにしておくことで、トラブルや問題を発見しやすくなるので、スムーズに作業を進めるためにはこまめな確認が必要になります。

統率力を身に付けたい人は、作業の途中経過の確認をしながら、メンバーの様子を観察しておき、作業自体に無理がないか見ておくようにしましょう。

統率力を身につけるための行動3:トラブルが起きても最後まで自己処理させる

トラブルが起きても最後まで自己処理させることも、統率力を身につけるための行動です。トラブルが起きた場合、メンバー自身に自己処理をさせることで同じ間違いを繰り返さなくり、またチーム全体がトラブルを避けて仕事に取り組むようになります。

リーダーとして仕事をする人は、メンバーにトラブルの自己処理をさせつつ、仕事に取り組む際のコツや知恵を教えるようにしましょう。

統率力がある人になりましょう

リーダーや責任者といった役割を任されたら、統率力を用いて仕事をするようにしましょう。人を率いていくためには、自分の仕事に詳しくなることやお互いの信頼関係を築くことが大切なことになります。

リーダーや責任者といった役目を任された人は、自分の仕事について深く知る機会を持ち、また他部署とコミュニケーションを取りながら、メンバーや上から信頼される仕事をしていきましょう。

Related