Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月02日

セルフマネジメントを高める方法7つ|セルフマネジメント能力のメリット

優秀なビジネスパーソンは、総じて高いセルフマネジメント力を持っているものです。そこでこの記事ではセルフマネジメントを高める方法や、それを実践することで得られるメリットなどについてご紹介しています。セルフマネジメントを高め、できるビジネスパーソンになりましょう。

セルフマネジメントを高める方法7つ|セルフマネジメント能力のメリット

セルフマネジメントとは

近年、ビジネスパーソンとして成長するための手法として「セルフマネジメント」が熱い注目を集めています。

セルフマネジメントとは、自分の成長を妨げている問題点や克服すべき弱点を見つけ、それを自分で適切に解消をすることで自己成長を遂げるための能力・スキルのことを意味する言葉・概念です。

できるビジネスパーソンは総じて、セルフマネジメントに長けていると言っても過言ではありません。

セルフマネジメントできない原因3つ

ビジネスパーソンとして成長を遂げ、自らの描いたキャリアプランを実現するためにはセルフマネジメントが不可欠です。

ですが、セルフマネジメントが重要であることをわかっていても、なかなかそれを上手く実践することができないとお悩みの方も少なくないことでしょう。

それはいったいなぜなのでしょうか。ここではまず、セルフマネジメントをできない主な原因について見ていきましょう。

セルフマネジメントできない原因1:ストレス管理ができない

セルフマネジメントができない原因としてまず考えられるのが、ストレス管理ができていないからということです。

仕事をすると何かとストレスが溜まるものですが、それを適切に解消したりコントロールすることができなければ、自らを成長させるためのセルフマネジメントのスタートラインになかなか立つことができません。

逆に言えば、ストレス管理が上手くなればセルフマネジメント力がアップするでしょう。

セルフマネジメントできない原因2:ネガティブ思考

ネガティブ思考であるというのも、セルフマネジメントできない原因のひとつとして考えられるでしょう。

ネガティブ思考の人物はちょっとしたミスや失敗を大げさに受け止めてしまい、「自分はダメだ」と自己嫌悪に陥って悲観的になってしまうため、自らの問題点を発見することはできてもそれを適切に解消する力に欠けています。

セルフマネジメントできない原因3:できない自分が許せない

セルフマネジメントができない原因のひとつとして忘れてはならないのが、できない自分が許せないということです。

理想が非常に高く完璧主義に陥ってしまうと、ちょっとしたミスであってもそれを思う通りにできない自分を許すことができず、自分を責めることに時間とエネルギーを費やしてしまうため、状態を改善する努力がおろそかになってしまうでしょう。

セルフマネジメントを高める方法7つ

以上でご紹介したように、セルフマネジメントはビジネスパーソンとして絶えず成長し、自らの描いたキャリアプランを達成するために必要不可欠な能力です。

では、具体的にどうすればセルフマネジメント力を高めることができるのでしょうか。

ここからは、セルフマネジメントを高めるための具体的な方法を7つピックアップしてご紹介していきますので、ぜひ参考になさってみてください。

セルフマネジメントを高める方法1:目標を明確化する

セルフマネジメントを高める方法としてまず挙げられるのが、目標を明確に設定するということです。

将来の目標やなりたい自分像が明確に定まっていれば、自己成長を遂げるためのモチベーションを絶えず維持することができるため、それがセルフマネジメントの向上につながることでしょう。

しっかりとした目標を立て、なりたい自分像を具体的にイメージしてみてください。

セルフマネジメントを高める方法2:目標達成に必要な行動を具体化する

目標達成に必要な行動を具現化するということも、セルフマネジメントを高める方法のひとつとして挙げられるでしょう。

目標を明確に定めたならば、それを実現するために必要な行動をひとつひとつ紙に書き出してリストアップしていき、それらに適切な優先順位を付けた上で実際に行動として具現化することが肝心です。

行動を起こすことでさらに意欲が向上し、セルフマネジメントが高まることでしょう。

セルフマネジメントを高める方法3:自分で考え行動する

セルフマネジメントを高める方法のひとつとして、自分の頭で考えて行動するということも挙げられます。

上司や先輩に言われたからそれに従うという受け身の姿勢では、いつまでたってもセルフマネジメントを高めることはできません。

大切なのは、掲げたキャリアプランを何が何でも実現するという強い意志であり、そのためには自分で考え行動するという主体的な姿勢が必要です。

セルフマネジメントを高める方法4:自分の強みと弱みを客観的に把握する

自分の強みと弱みを客観的に把握するということも、セルフマネジメントを高めるために必要な方法のひとつに数えられるでしょう。

自己分析を徹底して行い、自分の強みと弱みを客観的に把握することで今の自分が取り組むべき課題が見えてくるはずです。

改善点や問題点を発見することができたならば、それをひとつずつ丁寧に解消していけばセルフマネジメント力が格段にアップすることでしょう。

セルフマネジメントを高める方法5:目標達成に期限を設けて振りかえりを行う

セルフマネジメントを高める方法としてご紹介したいのが、目標達成のために期限を設定し、その都度自分の行動を振りかえる癖をつけるということです。

目標を設定してそれに向けた行動を具現化しても、期限を設けていなければ中だるみをしてしまいがちなので、各々の行動に達成期限を設けて期限内に目標をひとつずつクリアする習慣を身につけましょう。

また、振りかえりを行うことでさらなる改善点を見つけることができます。

セルフマネジメントを高める方法6:短期目標の達成によって成功経験を積み重ね自信を得る

短期目標を適切に設定し、それを達成することで成功経験を積み重ねるというのもセルフマネジメントを高めるための方法です。

いきなり壮大な目標を掲げてしまうとそれを達成できずに途中で挫折してしまう可能性が高いので、まずは達成可能な小さな目標をいくつか設定し、それを達成することで自信をつけ、モチベーションをアップさせることも必要でしょう。

セルフマネジメントを高める方法7:頑張った自分にご褒美をあげる

セルフマネジメントを高める方法のひとつとして知っておきたいのが、頑張った自分にご褒美をあげるようにするということです。

ある程度目標を達成することができたならば、あらかじめ設定しておいた自分へのご褒美を与え、モチベーションが下がらないように維持をすることが必要になります。

定期的にご褒美を自分に与えれば、セルフマネジメントを継続的に行うことができるでしょう。

セルフマネジメント能力を身につけるメリット4つ

セルフマネジメントを身につけることには、いったいどのような効果が期待できるのでしょうか。

ここからは、セルフマネジメント能力を身につけることで享受できるメリットについてご紹介していきます。

セルフマネジメント能力を身につけるメリット1:的確な判断ができるようになる

セルフマネジメント能力を身につけると、的確な判断ができるようになります。

自分の歩むべき道や達成すべき目標がはっきりと見えているため、状況が変化しても困難に直面したとしても、自己成長につながる道を歩み取るための判断が適切に下せるようになるでしょう。

セルフマネジメント能力を身につけるメリット2:行動をタスク化できるようになる

行動をタスク化できるようになるというのも、セルフマネジメント能力を身につけるメリットのひとつとして挙げられます。

自分のやるべきことをタスク化し、それを行動として具現化できるようになるため、自己成長のスピードを速めることもできるでしょう。

セルフマネジメント能力を身につけるメリット3:やるべきことに集中できる

セルフマネジメント能力を身につけることで、やるべきことに集中できるというメリットも得られるはずです。

自分のなすべきことが明確になるため、周囲のノイズに気を取られることなく、やるべきことに一心不乱に集中して努力を効率的に行うことができるでしょう。

セルフマネジメント能力を身につけるメリット4:目標達成まで諦めない力がつく

目標達成まであきらめない力がつくというのも、セルフマネジメント能力を身につけることの効果のひとつでしょう。

つらいことや挫けそうなことがあっても挫折せず、最後までやり抜く力や強い意志を身につけることができるため、人間として一回りも二回りも成長できるはずです。

セルフマネジメント能力を身につけよう

今回はセルフマネジメントをテーマに、その意義に加えてセルフマネジメント能力を高める方法などについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

セルフマネジメントを高めるためにはお金は一切必要なく、いつでも自分の意志ひとつでできるものですので、ぜひ今日から意識改善を行い、セルフマネジメントを高めるべく行動を起こしていきましょう。

Related