Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月28日

主任としてやるべきこと10個|主任にやるべきことが求められる理由3つ

人数や部署が多い会社には必須である「主任」という立場があります。ただ、日々どのような業務を行っているのかは、あまり知られていません。今回は、「主任」と「やるべきこと」の関連についてご紹介していますので理解を深めましょう。

主任としてやるべきこと10個|主任にやるべきことが求められる理由3つ

主任がやるべきことは担当者目線で考えるべきである

団体で行う仕事には「主任」という立場の人が存在し、職場の管理を考えるトップの立場ですので、経験してきた自分流の目線・考え方で業務遂行を周囲へ指示していくことが役目です。

まずは、主任としてやるべき事柄を10個ご紹介していますので見ていきましょう。

主任としてやるべきこと10個

部下を引率する、主任のやるべき10個の事柄を見ていきます。

さまざまな人々をまとめて仕事を遂行しなければならない立場ですので、これから主任に就任する人も参考にしてみてください。

主任としてやるべきこと1:現場・作業レベルで指揮をとる

やるべき作業を、それぞれの現場レベルに応じて指揮する役目を担うのが主任です。

従業員が多ければ多いほど、それぞれへ指揮を行う必要があります。各人・部署に合った最適なレベルで作業効率を上げるための指示ですので、人材管理・把握がもっとも重要な役目です。

人材のミスチョイスは、後々大きな痛手ともなりかねません。ですので、現場での的確な指揮は主任にとって命題とも言えるでしょう。

主任としてやるべきこと2:部下をリードする

現場経験が少ない人材を率いるのが主任の役目ですので、部下をリードしていくことも重要な仕事の一環です。

状況判断ができない部下もいることでしょう。部下の人数が多いほど、主任としての仕事は多岐にわたります。大きなミスを招くことのないよう、常に現場を見張りながら指揮を行う業務ですので集中力も必須です。

部下からも信頼される人材が主任ですので、常に研鑽を忘れてはいけない責任重大な立場と言えるでしょう。

主任としてやるべきこと3:問題が発生した時の適切な対処

たくさんの部下を従えていると、それなりの問題が発生しますので、その際に的確な修正を行って業務をスムーズに遂行させるのが主任です。

ヒューマンエラーといって、業務には必ずといってよい程ミスが発生します。そのときに、適切な処置を検討・実行するのが主任です。

部下のメンタルケアもしていく必要があり、重要な現場責任者とも言えます。やはり、経験豊富な人材が担うのが主任という業務でしょう。

主任としてやるべきこと4:難しい仕事に立ち向かう

容易で誰でもできる仕事ばかり行うのは、主任の役目ではありません。

日々、向かってくる困難な業務へ渾然と立ち向かう態度こそ、主任という立場を担う人材の役目です。新米部下では対応できない業務でも、経験値によって解決してしまうのが主任。

難儀な業務こそやりがいがあり、完了したときの爽快感が際立って感じられます。経験がものをいいますので、部下も立派な主任へは深い尊敬の念を抱くことでしょう。

主任としてやるべきこと5:部門間の調整

大きな会社では各種部門が設置されており、その部門の間を取り持つのも主任の業務の1つです。

各部門で、1つの仕事へ向かう考え方が異なるケースがあります。主任がそれらを統括して、よりスムーズに仕事を完結できる指揮も取っていく必要があります。

最適な指揮が混乱を避けますので、各部門ごとへ伝える内容も異なってきます。最終結果として、1つの仕事が難なく完了できる検討能力が主任には必須と言えるでしょう。

主任としてやるべきこと6:的確な人材の設置

仕事と人材には相性というものがあり、その適正を図るのも主任の役目となります。

人材には、それぞれの特性があります。そのため、部門ごとに最適な人材構成を検討する必要がある、責任が重い立場です。

接客が得意であったり、作業が得意であったり、電話対応などが得意であったりと、各人の特性はさまざま。それらを見抜き各部署へ最適な人材を置くことが、主任として自分の業務もスムーズに遂行させる準備となるでしょう。

主任としてやるべきこと7:業務の選別

人材の判別と同じく、請け負う業務の選別も主任の重要な役目ですので、完璧にできない仕事を受けることはマイナスです。

会社には得意な分野と不得意な分野があるので、どういった業種でも主任の目線で検討して判断する重要な立場です。不得手な分野まで手を伸ばすと業務内容はもちろん、メンバーの意思疎通も混乱してしまいます。

得意な分野での業務は滞りなくスムーズに完了でき、部下への指揮も行いやすいでしょう。

主任としてやるべきこと8:楽しんで業務を遂行

職場の士気は重要ですので、主任は現場を明るく・楽しくする役目も担っています。

部下が嫌々行う仕事ほど、現場の雰囲気・士気の低下を招くことはありません。やはり、トップでもある主任は、常に明朗で的確な指示を出すことが求められる立場と言えます。

話難い雰囲気や、説教ばかりでは部下から信頼されません。主任としてやるべきことは、働きやすい職場づくりです。これにより、部下たちも快適に業務を遂行してくれるでしょう。

主任としてやるべきこと9:アメとムチを使う

重要な立場の主任がやるべきことに「アメとムチ」の使い分けがあります。

業務には失敗がつきもの。ですが、部下を叱ってばかりでは労働意欲を欠いてしまうことがあります。怒りっぽい主任は部下から慕われるどころか陰口を叩かれてしまい、職場の雰囲気は低迷します。

褒めたり叱ったりする中で人は成長して行きます。バランスよく人材を扱うには必須ですので、主任がやるべきこととして大事な業務と言えるでしょう。

主任としてやるべきこと10:仕事への責任感を教える

仕事に意欲的な人材はすぐに昇進することもあるため、部下へは「業務への責任」という重要なことを教えていきます。

現在は部下として存在している人員も、いつかは主任となる可能性がありますので、いつまでも部下という意識ではなく、仕事への責任感を植え付けることも重要な主任の役目です。

主任とは、大勢の部下・部門を抱える重責ある立場ですので、会社に必須の若手を育成する目線を持ち続けることが大事な役目でしょう。

主任にやるべきことが求められる理由3つ

社内で限られた人材にしかできない主任には、「やるべきこと」がたくさんあります。

ただ、なぜ主任にはやるべきことが求められるのでしょうか。やるべきことをやらなければならない理由を3つ見ていきましょう。

主任にやるべきことが求められる理由1:社員より給料が高い

部下よりも主任の方が給料が高いため、多くのやるべきことが求められています。

同じ労働時間でも主任は給与が高いです。そのため、一般社員よりもやるべきことが豊富です。責任も増え、やるべきことが当然のように舞い込んできます。それらを完璧に完了させることが、主任の役目であり仕事です。

主任は給料が高い分、やるべきことが多々求められてしまうという構図は当然ですので、懸命に業務完了を果たして行きましょう。

主任にやるべきことが求められる理由2:社員より業務遂行責任を負っている

一般社員よりも重い責任を背負っている経験豊富な主任には、やるべきことが尽きずにあります。

一般社員にとってはやるべきことではない仕事でも、トップを担う主任にはやるべき業務が山積みです。それだけ信頼を勝ち得ている証でもあるので、主任は重要な役目と言えます。

部下が失敗してしまうことでも主任ならできると周囲から思われているので、「やるべきこと」や「責務」が必然的に増えている状態と言えるでしょう。

主任にやるべきことが求められる理由3:今まで以上に期待が高まる

立場的に部下から頼られますので、周囲からは主任がやるべきことへの結果にも期待が集まります。

多くの業務を抱えるケースもあり、重要な任務でもある主任。やるべきことを1人で計画しながらスムーズな完了を図ることも多々あります。

一般の社員からは「できて当然」という期待感が常にあり、主任にとっては重責とも言えます。立場として、「やるべきこと」が「当然できること」と思われているので期待に応えましょう。

主任としてやるべきことを実行しましょう

会社での重要な役目である主任の「やるべきこと」には、実にいろいろな事柄があり、非常に重要・重責な立場であることが理解できたことでしょう。

主任に就任した人は、給与も高く優れた業務実績である証です。困難な仕事でも、遂行してくれるであろうと社内で期待されています。

難しい業務こそ、完了後の達成感があるのが仕事です。主任になったならば、日々の努力も忘れずに会社のお手本となるような業務遂行をして行きましょう。

Related