Search

検索したいワードを入力してください

2019年12月12日

IT業界の現状と動向|IT業界で今後も必要とされるスキル10

IT業界は変化の激しい世界で、今通用していることが5年後には通用しない可能性があります。そのため常に今後の動向を読む必要があります。本記事では今後のIT業界の動向を紹介しています。また今後のIT業界で役立つスキルも紹介しています。

IT業界の現状と動向|IT業界で今後も必要とされるスキル10

IT業界の現状と動向

IT業界は変化が激しく、常に今後の動向を読むことが大切です。今後の動向を読むことで、IT業界を生き抜くことができるからです。

IT業界は変化が激しいですが、今後の動向を読むことでスムーズに変化に対応することができます。以下ではIT業界の現状と、今後予想される変化について紹介します。

IT業界の変化の早さはIT業界以外の人にはわかりにくいですが、想像を超える早さであるのは間違いありません。

IT業界の求人状況

IT業界の求人状況は売り手市場になっており、技術のある人材であれば仕事探しに困ることはないでしょう。しかしIT業界の職種は多様化しており、ITリテラシーが高くない人材であっても入職のチャンスはあります。

IT業界の職種が多様化している理由には、顧客のニーズの多様化があります。現在のITサービスは技術以外にも必要なことが多く、そのため技術以外のスキルを持つ人も求められるようになりました。

IT業界の雇用形態や給与水準

IT業界の雇用形態は多様化しており、アルバイトから業務委託まで幅広いです。ただハローワークの求人票に掲載されている雇用形態は、正社員と派遣社員が多いです。

IT業界の年収は職務内容によって、年収額が大きく異なります。経済産業省の調査によると、最も年収が高かったのはコンサルタントの928.5万円でした。逆に最も年収が低かったのは、ヘルプデスクの390.9万円でした。

IT業界で今後も必要とされるスキル10選

IT業界で勤務するにはスキルが必要で、スキルがなければ定年まで勤務することは難しいでしょう。今後は要求されるスキルが高くなると予想されますが、要求されるスキルは職種によって異なります。

以下では今後のIT業界に必要なスキルを紹介しておりますが、ITとは直接関係のないスキルもあります。それでもIT業界を生き抜くためには、身に付けておいた方がよいです。

IT業界今後も必要とされるスキル1:プログラミングスキル

IT業界の技術職の人はプログラミングスキルが必要です。

プログラミングスキルはプログラム言語を覚えたからといって習得できるものではなく、何回もプログラムを作成することで身に付きます。プログラミングで一番大切なのはロジックで、ロジックを鍛えるには場数をこなすのが一番です。

プログラミングの練習は自宅でも可能で、意欲次第ではコンピューター専門学校の生徒よりも上手になるでしょう。

IT業界今後も必要とされるスキル2:コミュニケーションスキル

今後IT業界で生き抜くためには、コミュニケーションスキルが必要です。基本的に1人で作業するプログラマーにもコミュニケーションスキルは必要で、コミュニケーションスキルがなければ開発スピードは遅くなります。

IT業界で必要なコミュニケーションスキルの基本は、わかりやすさです。わかりやすく伝えるポイントは自然な論理で、論理が自然であればあるほど相手には伝わりやすくなります。

IT業界今後も必要とされるスキル3:英語力

今後IT業界の技術職に就くには英語力があった方が有利です。その理由はプログラミングに必要な情報が、英語で書かれていることが多いからです。

IT業界の技術者は流暢に英語を話す必要はありませんが、プログラミングに関する情報は英語で読めるようにしておきましょう。

プログラミングに関する情報は専門用語がわかれば理解しやすいため、まずは英語で専門用語を覚えることをおすすめします。

IT業界今後も必要とされるスキル4:他業務に対する理解

今後IT業界で働くには、他業種の知識も身に付けることが大切です。システムを設計するときは他業種の工程を理解する必要があり、理解することで洗練された仕様書に仕上がります。

仕様書はプログラミングの元になるもので、プログラマーは仕様書どおりにプログラミングをします。

他業種を理解するには幅広く他業種の人と付き合うのが有効で、優秀なシステムエンジニアは積極的に他業種の人と付き合っています。

IT業界今後も必要とされるスキル5:新しい知識を得る意欲

IT業界は変化の激しい世界で、最新の知識を身に付けなければ生き残るのが難しいです。最新の知識を身に付けるためには幅広くアンテナを張り、貪欲に新しい知識を吸収する姿勢が必要です。

優秀な技術者の書棚には最新の技術本が多く、技術者は時間の許す限り勉強をしています。

IT業界の変化は想像以上に早く、古い技術は陳腐化する可能性があります。陳腐化した技術で競争に勝つことは難しく、最悪の場合は職を失います。

IT業界今後も必要とされるスキル6:リーダーシップ

プロジェクトを任せられるようになると、リーダーシップが必要になります。プロジェクトにはさまざまな人が携わるため、リーダーはそれぞれの仕事を管理しなければいけません。

優秀なリーダーは明確な指示を出し、下で働く者を迷わせません。明確な指示を出すには全体を見渡す目が必要です、全体を見渡すことで必要な作業が明確化するからです。

全体を見渡す目を培うには経験が大切で、経験を積めば積むほど見える範囲が広がります。

IT業界今後も必要とされるスキル7:ターゲットを絞る能力

IT業界のセールス職はターゲットを絞る能力が必要で、ターゲットを絞ることで効果的なプロモーションが可能になります。効果的なプロモーションは経費削減に繋がり、結果的に会社の利益を膨らませます。

ターゲットを絞る能力を一朝一夕に身に付けることは難しく、多くの人は試行錯誤の末のものとなります。

ターゲットを絞る能力を身に付けたい人には以下の解説本をおすすめしますが、読むだけではなく実際に試すことが大切です。

仕事柄、マーケティングやビジネスの本はたくさん読みますが、専門的すぎて難しかったり、表面的すぎてはいってこなかったり、なかなかすんなりと理解できて、なおかつ本質が分かる本に出会えませんでした。

難しいことを、わかりやすくカンタンに伝えることって、専門家であればあるほど難しい。

また反対に、カンタンに理解できる本って、ちょっと物足りなかったりするものが多い。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E5%BC%B1%E8%80%85%E3%81%A7%E3%8... |

IT業界今後も必要とされるスキル8:今後も必要な職種を見極める力

IT業界は変化が激しく、今の職種が10年先に存在している保証はありません。今の職種がなくなれば当然同じ仕事はできず、最悪の場合は路頭に迷ってしまいます。

そうならないためには常に先を読み、今後も必要とされる職種を見極める力が必要です。今後も必要とされる職種を見極めるのは難しいですが、以下の観点から判断することをおすすめします。

・人工知能でも可能ではないか
・単純作業ではないか
・外注でも可能ではないか

IT業界今後も必要とされるスキル9:中国語力

一部の中国の会社は日本人の技術者を募集しており、技術力と中国語力があれば入職は可能です。また一部の日本のIT企業は中国または中国人と関わりが深く、常に中国語ができる人材を求めています。

今後もIT業界で中国語を使うシーンは増えると予想されますが、具体的には以下の職務内容で中国語が必要です。

・中国向けのソフトの開発
・中国人をターゲットにしたITサービス
・インターネットを利用した中国語講座
・翻訳システム

IT業界今後も必要とされるスキル10:文章力

今後のIT業界は、インターネットサービスが中心になると予想されます。インターネットサービスは文字で商品やサービスを説明するため、わかりやすい文章を書く必要があります。しかしわかりやすい文章を書くのは、簡単そうに思えて実は難しいものです。

わかりやすい文章を書くコツには、話しかけるように書くことがあります。今後文章力を磨きたい人は、このことを意識することをおすすめします。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

今後のIT業界を知るための用語5つ

IT業界には外来語が多く、IT業界以外の人はわかりにくいです。それでも今後IT業界を目指す人は、IT業界でよく使われる言葉を知っておいた方がよいでしょう。

以下ではIT業界でよく使われる言葉を紹介しておりますが、門外漢の人でも理解しやすい表現を使っています。紹介する言葉はいずれもIT業界のトレンドで、IT業界では当たり前のように使われています。

IT業界を知るための用語1:AI

AIは 「artificial intelligence」の略で、日本語では人工知能になります。最近のAIを構成しているのはディープラーニングで、今後もディープラーニングの時代は続くと予想されます。ディープラーニングは機械学習の進化形で、一部のゲーム機にも搭載されています。

ディープラーニングを一躍有名にしたのが囲碁ゲームで、ディープランニングを搭載した囲碁ゲームが当時の最強棋士を破りました。

IT業界を知るための用語2:IoT

IoTは物とインターネットを繋ぐ技術で、今後は加速度的に需要が増すでしょう。現在のIoT技術は以下の分野で活用されておりますが、今後は他の分野でも導入されると予想されます。

・自動車分野
・交通機関
・物流
・医療分野
・農業

紹介した活用例の中で、一番生活に密着しているのは交通機関です。具体的にはIoT技術を活用し、バスの遅延情報を乗客にリアルタイムで報せています。

IT業界を知るための用語3:xR

xRは「VR」「AR」「MR」などの総称で、一般的には仮想の世界を現実の世界のように見せる技術です。xR技術を利用したものにはゴーグルがあり、ゲームや映画で利用されることが多いです。

xR技術はさまざまなものに活用することが可能で、今後は科学の実験にも利用される可能性があります。xR技術を用いた実験は迫力があり、多くの科学好きを生み出すでしょう。またxR技術は車の運転のシミュレーションにも最適です。

IT業界を知るための用語4:cloud

cloudはインターネットシステムの一種で、今後は加速度的に普及するでしょう。cloudの代表的なシステムには、GoogleのGmailやMSNのHotmailがあります。

これらのクラウド型のメールソフトはパソコンにソフトをインストールする必要がないため、違うパソコンでも利用できます。

クラウド型システムはインターネットに繋がっているパソコンとスマートフォンがあれば、誰でも利用できます。

IT業界を知るための用語5:インサイドセールス

インサイドセールスはメールや電話を利用した販売方法で、Web業界を中心に広がりをみせています。

インサイドセールスのメリットには交通費を節約できることがありますが、交通費の節約は多くの会社の関心事です。またインサイドセールスは効率面でも優れています。

インサイドセールスを学びたい人は、以下の本を読むとよいでしょう。インサイドセールスを体系的に解説しており、初心者であっても内容が頭に入りやすいです。

非常に体系的にまとめられていて理解しやすい内容でした。また先進企業のインタビューも盛り込まれている点も理解が深まり良かったです。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%8... |

IT業界の今後を知っておこう

今後のIT業界の動向を知ることは無駄ではなく、むしろ知ることで今後の人生の可能性が広がるでしょう。IT業界は変化の激しい業界ですが、広く情報を集めることで正確な動向を知ることができます。

異業種からIT業界に進みたい人はIT業界の今後の動向を知り、対策を立てましょう。真剣に対策を立てることで、IT業界に入職できる可能性が高くなります。

Related