Search

検索したいワードを入力してください

2019年12月13日

社会人が勉強時間を確保する方法5選|仕事と両立させ勉強を継続するコツ

社会人として仕事していく場合、勉強時間を確保しにくいことが多いです。日々の仕事に追われたり、家事や育児をしていかなくてはならないからです。社会人が勉強時間を確保したい場合は、資格や免許の必要性を家族や周囲に話し、理解を得るようにしましょう。

社会人が勉強時間を確保する方法5選|仕事と両立させ勉強を継続するコツ

社会人が勉強をする目的

社会人が勉強をする場合、目的があり学習していることが多いです。勉強をすることで資格や免許を取得できるので、キャリアと収入をアップさせることができます。また、勉強をすることで教養を深めることができるのでメンタルの管理もできます。

社会人として仕事をする人は、自身の仕事を有利に進めるためにも、勉強時間を確保し、必要な知識を学ぶようにしましょう。

キャリア・収入アップ

社会人が勉強をする目的にキャリアと収入アップが挙げられます。資格や免許を取りキャリアアップをすれば、収入を上げていくことができるので、社会人になっても勉強時間を確保して仕事をしていく必要があります。

キャリアや収入を上げたい人は、仕事と私生活を上手に両立させ、必要とされる資格の取得を目指しましょう。

転職

転職をスムーズに進めるためにも、社会人の勉強時間の確保は必要になります。転職をすることになった場合、新しい知識を学んでいかないと有利に転職活動をしていくことが難しくなります。

転職を有利に進めたい人は、勉強時間を確保し、多くの知識を学んでおくことで自分の引き出しを増やし、資格取得のための環境を整えておきましょう。

自己啓発

自分に自己啓発をしていくためにも社会人の勉強時間の確保が必要になります。社会人として長く仕事をしていく場合、さまざまなことに打ち克っていかなくはならないので、自身のモチベーションや能力を高めるためにも知識をつけていく必要があります。

今の環境をより良くしたい人は、関心のないジャンルの本を読み視野を広げることで、自身の世界観を大きくする努力をしましょう。

なぜ社会人は勉強時間を確保できないのか?

社会人は勉強時間を確保するのが難しいです。社会人は日々の仕事が忙しく、また家庭のことも気にかけていかなければならないので勉強時間を確保しにくくなっています。そのため、大きな目標を掲げていないと勉強時間の確保が難しくなります。

今の環境をより良くしたい人は、資格や免許を取得するためにも、勉強時間を確保し、知識を高めて資格取得に役立てましょう。

仕事が忙しい

社会人が勉強時間を確保できない理由に仕事が忙しいことが挙げられます。社会人として生活していると仕事に追われる日々になってしまうで、なかなか勉強の必要性を見出すことができません。

仕事が忙しく勉強時間が確保できない人は、幅広く仕事をしていくためにも勉強する時間を作り、資格取得や自己啓発に役立てるようにしましょう。

通勤に時間を取られる

通勤に時間を取られることも社会人が勉強時間を確保できない理由です。通勤時間が長くなくても、通勤で体力を消耗しているので帰宅した後に勉強をする気力が湧かないことが多いです。

勉強時間を確保したい人は、勤めている会社の側に引っ越しを検討したり、混雑していない交通手段を選び勉強するための体力を確保しましょう。

家事に追われる

社会人が勉強時間を確保できない理由に家事に追われることが挙げられます。結婚をして家庭を築いていると育児や家事をしなくてはならないので、勉強をする時間を確保するのが難しくなります。

家事が忙しく勉強できない人は、両親や夫もしくは妻と家事を分担し、理解を得て勉強する時間を作るようにしましょう。

付き合いや誘惑が多い

付き合いや誘惑が多いことも社会人が勉強時間を確保できない理由となっています。社会人になるとお金に余裕ができるので、趣味や娯楽に夢中になり、勉強時間を確保するのが難しくなります。

勉強時間を確保したい人は、自分の将来のためにも友人との付き合いや誘いを制限して、勉強する時間を作るようにしましょう。

勉強時間を確保する方法5選

社会人が勉強時間を確保するための方法があります。社会人は学生と違って勉強をする時間が少ないことがあるので、周囲の理解を得たり、時間の使い方を工夫する必要があります。

勉強時間を確保したい人は、日々の生活を見直し、空いている時間を見つけることで勉強するための時間を作りましょう。

方法1:隙間時間を活用する

勉強時間を確保する方法に隙間時間を活用することが挙げられます。社会人の場合、日々の仕事をしていかなくてはならないので、休憩時間や通勤の時間などの隙間時間を活用し勉強していく必要があります。

勉強時間を作りたい人は、1日のスケジュールを見直し、隙間時間がないか確認し、勉強時間に当てることができないか考えてみましょう。

方法2:残業のつもりで自宅外で勉強する

残業のつもりで自宅外で勉強することも社会人が勉強時間を確保する方法です。自宅だとどうしてもくつろいでしまうので、あえて自宅以外の場所を勉強の空間とすることで、勉強をする気持ちを作ることができます。

自宅以外の場所で勉強をする人は、繁華街や歓楽街などの場所を避け、落ち着ける空間を勉強部屋として選ぶようにしましょう。

方法3:周囲に宣言する

周囲に宣言することも社会人が勉強時間を確保する方法の一つです。周囲に宣言しておけば、言った人にその後の経過などを聞かれるので、聞かれた場合に備えて勉強をするようになります。

周囲に勉強することを宣言する人は、負担にならない程度の目標を周囲に告げておき、勉強するためのモチベーションを高めるようにしましょう。

方法4:早起きする

社会人が勉強時間を確保する方法に早起きをすることが挙げられます。早起きをすることで出勤前に勉強の仕事を作ることができるので、勉強時間を確保しやすくなります。また、朝は頭の回転も良いので勉強の効率化を図ることもできます。

早起きして勉強時間を作りたい人は、前日の早めの時間帯に就寝するようにし、翌日の朝に疲れを残さないようにしましょう。

方法5:家族の協力を得る

家族の協力を得ることも社会人が勉強時間を確保する方法の一つです。資格を取るためには多くの勉強時間を確保する必要があるので、家族に理解を求め、家事や育児を分担することが大切です。

家族の理解を得たい人は、資格や免許を取得した後の埋め合わせを考えておき、家族の協力を求めましょう。

あなたの仕事に生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求をしてみてください。

勉強を継続するコツ

社会人が勉強を継続していくにはコツが必要です。仕事の合間を縫って勉強をして行かなくてはならないので、モチベーションややる気を継続させるためにも小さな目標を掲げたり、使いやすい道具を選ぶ必要があります。

勉強を継続していきたい人は、周囲の理解を得ながら勉強する環境を整え、手に届く目標をいくつも掲げてモチベーションを維持しましょう。

集中できる環境を複数持つ

集中できる環境を複数持つことも社会人が勉強を継続するためのコツです。仕事が忙しいと複数の場所に移動することが多いので、場所ごとに勉強できる環境を用意しておく必要があります。

勉強の時間を確保したい人は、出張などで訪れる場所に勉強するための空間を複数用意することで勉強に集中するための環境を整えましょう。

疲れにくい道具を使う

疲れにくい道具を使うことも社会人が勉強を継続するコツです。ペンでもPCでも使いづらいものだと集中力が継続しないので、多少値段が高くでも良いものを揃えておく必要があります。

疲れにくい道具を使いたい人は、ネットの口コミやラジオ、雑誌から情報を得て、良い道具を見つけて使うようにしましょう。

小さな目標を積み重ねる

小さな目標を積み重ねることも社会人が勉強を継続するコツの一つです。小さな目標を掲げて達成していくことで、充実感を得ることができるので勉強をするための意欲を維持することができます。

目標を掲げて勉強をしていく人は、自分に負担の掛からない目標を立て、目標達成のために必要なことを積み重ねていくようにしましょう。

勉強時間を確保して社会人としてのスキルアップにつなげよう

勉強時間を確保して社会人としてのスキルアップにつなげましょう。社会人として仕事を充実させていくためには資格、免許の取得や自身の自己啓発が必要になるので勉強時間を確保し、学習していく必要があります。

スキルアップをしたい人は、資格や免許を取得することの必要性を理解し、家族や周囲の理解を得て勉強するための環境と時間を確保しましょう。

Related