マクドナルドの株主優待券|使い方/店/購入/買取/注意事項

雑学

マクドナルドの株主優待券おすすめの特典|使い方

ファーストフードの大手マクドナルドの株主優待でもらえる優待券はハンバーガーを始めサイドメニューのポテトやドリンクなど様々なものと交換でき、マック好きさんにはたまらない特典です。

そんなマクドナルドファンに株主優待についてどんなものなのか詳しくまとめてみました。

マクドナルドの株主優待とは

株主優待とは、株を購入することで株主になり、株主に感謝の気持ちを込めて企業が贈るものです。株主優待は企業により違いますが、マクドナルドでは権利確定日である6月と12月にマクドナルドの株を100株以上保有している人に、約3か月後株主優待券を送っています。年2回株主優待券を受け取れると言うことですね。

株主優待の内容

株主優待で年2回送られてくる優待券はどんな内容かと言いますと、ハンバーガーが選べる「バーガー類お引換券」とポテトなどが選べる「サイドメニュー類お引換券」そして飲み物と交換できる「ドリンク類お引換券」がありこれが一枚になって6セット1冊として送られてきます。

数量限定などの商品は一部交換できませんが、期間限定メニューなどは交換できるため非常にお得感がありますよね。またファーストフード店の中でも安く、家族連れでも訪れやすいマックですが、普段食べないマックの中でも高価な商品をチョイスすることもできるので男性にとっても嬉しいです。

価格

優待券は通常販売しておりませんので、価格はありません。つまり株主になって優待を受けている人の特典です。

ですが、株主にならなくても手に入る方法があります。それは金券ショップやヤフオクなどのオークションサイトです。マクドナルドのメニューによっては優待券を購入してから使用するとお得にいただくことが出来ます。

株主優待でもらえるこの株主優待券はどのくらいもらえるのでしょうか。

通常優待券の中は
・バーガー類ご優待券×6枚
・サイドメニュー類ご優待券×6枚
・ドリンク類ご優待券×6枚

これが1冊になります。有効期限は半年ありますので1人でも家族でも十分使いきれそうですよね。

メガマック

マクドナルドの中でも食べ応えのあるメガマックは他のバーガー店に比べて安いものの単品でも490円となっておりなかなか手が届かない、食べたいけど高いから他のバーガーを注文するなんて人もいるのではないでしょうか。

食べ盛りの男子には魅力的なメガマックですよね。なんと株主優待券があれば、もちろん0円で召し上がれます。100%のビーフパティが4枚も入っているので食べ応えあり、ボリュームも文句ないです。

枚数

マクドナルドの株主優待券には有効期限が半年との決まりはありますが、一度に使用できる枚数に制限はありません。

使用できる枚数に制限がないからこそ、家族や友達などと使用することもできますし、たくさん食べたい人はたくさん注文することもできるのです。また単品注文が可能なので、ちょっとしたカフェタイムや小腹がすいたときにも使用できるのでとても魅力です。

株主になるには、株を購入しなければいけません。また株主優待を受けるには決められた枚数の株を保有していなければ優待を受けることはできませんので注意が必要です。日本マクドナルドホールディングス㈱では最低100株持っていなければ優待は受けられません。保有する株の枚数で優待お食事券の枚数が変わります。

・100株…1冊
・300株…3冊
・500株…5冊

これを年2回受け取ることが出来ます。よく利用する人はたくさん株を保有しているほうがお得です。

ポイント

マクドナルドの株主優待でもらえる優待券をお得に利用するポイントがありますのでご紹介します。

優待券は単品利用可能ですし、朝マックや通常のマクドナルドメニューでも使用することが出来るので、欲しい商品を注文すれば良いのですが、主婦目線で言いますと、ちょっとでもお得感を感じたいものですのでお得な注文のしかたをご紹介します。

【バーガー類ご優待券】
期間限定や朝マックなどから好きなバーガーを選ぶことが出来る(一部例外あり)

【サイドメニュー類ご優待券】
ポテトは全サイズ注文可、ナゲットの15ピースは不可

【ドリンク類ご優待券】
ドリンクは全サイズ注文可、ただしコーヒーはSMのみ

このようになっていますので、バーガーなら一番高いグラン・クラブハウス(490円)、ポテトはLサイズ(320円)、ドリンクはLサイズ(250円)でチョイスすれば1,060円で1冊6枚あるので1冊6,360円分利用できると言うことになります。これは相当お得です。

発送

マクドナルドの株主優待でもらえる優待券はいつ発送されるのでしょうか。

株主優待券は毎年3月末と9月末に送られてきます。有効期限は半年ありますので、3月に届いた優待券は4月1日~9月30日。9月に届いた優待券は10月1日~翌年3月31日までとなっています。

メニュー

マクドナルドに、たまにしか行かない人やいつも決まったメニューしか頼まない人はどんなメニューがあるのか気になりませんか?そこで株主優待券で交換できるメニューをご紹介します。

またこのメニューを覚えていなくても注文時に優待券を使いますとお店の人に伝えてから注文すると、優待券が利用できないものを注文してしまっても教えてくれますので安心してください。

朝マック

朝マックでも株主優待券が利用できます。優待券が使えるバーガー類はマフィン、フィレオフィッシュ、マックグリドルの中から好きなメニューが選べます。サイドメニュー類はナゲット、サラダ、ハッシュポテト、スイートコーンの中から選べます。

そしてドリンク類は通常のメニューと同じです。朝から豪華に食べるも良し、家で朝食を食べていた人はたまには朝から外食も良いです。

マックカフェ

マクドナルドには「マックカフェ バイ バリスタ」があるのをご存知でしょうか。バリスタクルーが入れる本格的なコーヒーが味わえることで大人気です。せっかくだから株主優待で利用したい。そう思う人もいるかもしれませんが、残念ながら今のところマックカフェでは利用できないのです。

ですが通常のマクドナルドでも美味しいコーヒーがありますので、コーヒー好きさんもマクドナルドで優待券を利用してみましょう。

メガマック

マクドナルドで男子の胃袋を掴むのは100%ビーフのパテが4枚も入ったメガマックではないでしょうか。

厚みがあって食べにくいですが、食べ応えがあり満足感は他のバーガーでは味わえないでしょう。そんなメガマックですが株主優待の対象です。さすがマクドナルドといったところです。

ドリンク

マクドナルドではたくさんのドリンクメニューがあります。株主優待券ではすべてのドリンク、シェイク、コーヒーを飲むことが出来ます。サイズもSMLどれでも選ぶことが出来るのでせっかくならLサイズでがっつり飲みたいです。ただしコーヒー、シェイクはMサイズまでになっていますのでご注意ください。

フロート

マクドナルドのドリンクメニューの中にフロートがあります。ドリンクの上にソフトクリームがのってデザートとドリンクを楽しむお得感といつものドリンクがワンランク上になる満足感がありませんか?

もちろん株主優待ではドリンク類ご優待券でフロートの交換が可能になっています。通常のドリンクを注文するよりもお得です。

サイドメニュー

マクドナルドのサイドメニューは定番のマックフライポテト、チキンマックナゲットを始めサラダやスイートコーン、シャカチキなどがあります。もちろんどれも株主優待で注文可能です。ただしチキンマックナゲット15ピースは対象外ですので注意してください。

ちょっと小腹がすいたときやおやつタイム、あと一品にピッタリのメニューです。どれも美味しくて大人気です。

マクドナルドの株主になるには?

マクドナルドの株主優待がとてもお得で魅力的なのはお分かりいただけたのではないでしょうか。家族などで外食する場合は人数が多いほどお金も使ってしまいます。そんな時こそ株主優待券で食費を浮かせたいものです。

まず、マクドナルドの株主になるには株を購入しなければいけません。初心者だと不安になるかもしれませんが、この株主優待がある限りほとんど株が下がったり上がったりが激しくなることはないでしょう。また株をただ購入しても株主優待は受けることができず、最低100株購入しなければ優待券は届きません。

ではさっそくマクドナルドの株購入の流れを見ていきましょう。

口座開設

どの株を購入するのも証券に登録しなければいけません。最近では便利なオンライン証券があるのでそちらがおすすめです。人気の証券は楽天証券やSBI証券ですね。ネットバンクを持っている人が多いから人気なのかもしれません。

ただし証券会社により手数料が違うのでよく注意して選びましょう。選んだら通常のネット口座開設と同じで申し込みをし、書類が届いたら記入して身分証明書コピーと一緒に郵送すればOKなので、とても簡単です。

口座の作り方は、オンライン銀行と変わらず、申込書を送ってもらって、記入後、免許証のコピーと一緒に返信するだけでOKでした。

http://d.hatena.ne.jp/consbiol/20110728/1311856495

マクドナルドの株購入

証券会社を選んで証券口座が出来たら必要な金額を入金します。

株は日々変動しているので、はっきりといくらとは言えませんので、購入時に確認しましょう。またマクドナルドの決算後や権利確定日を過ぎて1~3か月は株が下がることが多いので、日々チェックしておいて、安くなった時に購入するとお得です。

株主優待

マクドナルドの株を購入できたらあなたはマクドナルドの株主です!おめでとうございます。

マクドナルドの株主優待を受けるには最低100株持っていなければいけません。あとは権利確定日が年に2回6月27日と9月27日にあり、その時に最低100株あれば株主優待を受けることが出来ます。

中には権利確定したら優待を受けることができるので、即株を売却する人もいるようですが、たまに権利確定日が変わり株主優待を受けれなかった話もあるので、考えて売るようにしましょう。

購入方法

マクドナルドの株主優待は魅力的ですが、株は怖いまたは苦手な人や株購入資金がない人は諦めるしかないのでしょうか。

実は意外な購入方法があったのでご紹介します。

価格

マクドナルドの株価は四千円台~五千円台です。株主優待を受けるためには最低100株必要なので、簡単に購入できない金額です。ですが少しでも下がったときに、購入資金があるなら株主優待を考えると欲しいですよね。購入を考えているなら株価をチェックしておきましょう。

相場

マクドナルドの株の相場は最近では五千円未満と言ったところでしょうか。定評であるマクドナルドは、ほとんど株価の変動はなく安定しています。ただし株価が下がる可能性が大きいのは決算後や権利確定日後になりますので、購入を考えているならこの時期がおすすめです。

ヤフオク

株主になりたいけどそんな資金がない人は優待券をヤフオクで手に入れています。証券口座を開設することもなく、手軽に購入できるのが魅力です。ヤフオクの落札相場で見てみるとだいたい3,500円前後になっているので、高額なメニューと引き換えるならかなりのメリットがあります。

金券ショップ

金券ショップでもマクドナルドの優待券を手に入れることが出来ます。バーガー、サイドメニュー、ドリンクの3つが1枚で560円~580円が相場の模様。ただし金券ショップでも人気なので株主に届いてすぐくらいからチェックしておかないと売り切れてしまうことが多いので要注意です。

オークション

オークションサイトはヤフオクだけではありません。

オークション相場はどこも同じくらいになりますが、オークションなので運が良ければ金券ショップより安く手に入ることもあります。メルカリやモバオク、楽天オークションなど、あなたが登録しているオークションでチェックしてみましょう。

買取方法

株主優待で貰っている優待券や購入した優待券が期限内に使用できない場合はただの紙切れになってしまいます。期限が長ければ長いほど良いので、マクドナルドに行かないなら買い取ってもらいましょう。

価格

マクドナルドの株主優待券は話題になっていることもあり、実はとても人気です。

ですから有効期限が長ければ長いほど良いので、高く買い取りしてもらうには早く売ってしまうことが重要です。

相場

買い取りの相場は有効期限で多少変わりますが1枚420円前後です1冊(6枚)だと2,520円ほどになりますから、紙切れになるよりは売ってしまうほうが断然お得です。

ヤフオク

ヤフオクの落札価格の相場ですと1冊約3,000円~3,500円です。人気の優待券であることで相場も高くすぐに落札される可能性は高いです。

金券ショップ

金券ショップで買い取ってもらう場合は1枚420円~450円です。オークションなどへ出品する手間もなく、人気商品ですからすぐに買い取ってくれます。ただし期限が短すぎると値段が下がったり買い取ってくれない場合があります。

オークション

オークションもおてヤフオクと相場は同じです。ただしヤフオクほど出品者がいないことから早く落札されたり高く売れる可能性はあります。ただし優待券目当ての人が少ないと落札される可能性は低いので、出品前に確認しておきましょう。

注意事項

期限

マクドナルドの優待券は半年と決められた有効期限があります。期限が過ぎればただの紙切れになり、使用できませんので注意しましょう。

権利確定日

株主優待を受けるには権利確定日にマクドナルドの株を最低100株持ってないといけません。権利確定日は6月27日と12月27日なので、直前で売却しないようにしましょう。

利用できない

マクドナルドの株主優待券はマックカフェでは利用できません。また通常のマクドナルドでも数量限定メニューやチキンマックナゲット15ピースなどは優待券が利用できませんので気を付けましょう。

また店員さんはとても親切に説明してくれるので、事前に電話で問い合わせたり注文前に聞いておくのも良いです。

マクドナルドの株主優待券まとめ

マクドナルドの株主優待券はゼロ円で食事できることから人気で本当におすすめです。マック好きにはたまらない優待券をぜひ利用してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました