Search

検索したいワードを入力してください

2019年12月12日

一様の意味を理解しよう!類義語4つと対義語3つ|一様の豆知識4つ

「一様」のことばをご存知ですか。意味を知っていても使ったことがない人も多いのではないでしょうか。この記事では「一様」についての意味や、類義語と対義語など詳しくご紹介します。もっと「一様」について知りたい方は、ぜひこの機会に読んでみてください。

一様の意味を理解しよう!類義語4つと対義語3つ|一様の豆知識4つ

「一様」の意味

「一様」という言葉をご存知でしょうか。

読みかたは「いちよう」です。「一様」は「全部同じようにそろっている、同じさま。」を意味します。イメージとして、人やものの「動作」が同じ場合は「生徒が皆、一様にうなずいた。」のような使いかたがあります。

漢字を分解してひとつずつ確認してみますと、「一」は「ひとつ」です。「様」は「~のようすや、ありさま」です。まとめると、みな同じようにそろっているさまを表します。

「一応」と「一様」は違う

「一応」は「じゅうぶんとは言えないがひととおり。」という意味です。

「一応」は「じゅうぶんとは言えないものの、ひととおり。念のため。」の意味を持ちます。「一応、傘は持っていこう。」など会話にも出てきます。

一応を「いちよう」と、聞き違える人もいますから、「一様、持っていく。」と間違わないように、違いを正確に知っておきましょう。

一様の4つの類義語と3つ対義語

「一様」のおおよその意味は理解していただけましたでしょうか。

ここからは、「一様」の類義語4つと、反対の意味を持つ対義語の3つをご紹介します。知っていると、日常生活で役立つ可能性があります。紹介する内容を押さえ、この言葉の意味を理解していきましょう。

一様の類義語4つ

類義語とは、意味のにかよっているふたつ以上の語のことをいいます。「全部同じようすであること。」と意味はほとんど同じですが、語形は違ってきます。たとえますと「ホテル」と「旅館」と「宿屋」ですとか、「あがる」と「のぼる」などの類です。

それぞれの類義語を例文を用いて、これから紹介していきます。どんな使いかたができるのか、一緒にみていきましょう。

一様の類義語1:一律

「一律」は「同じ調子で変化がないこと。」の意味を持ちます。例文を見てみましょう。

・そのスーパーマーケットは、店の値段を一律に値上げした。
・あの人の言うことは千篇一律です。
・全国一律料金で配送します。

「一樣」は意図的ではなく、結果として同じさまになることを表しています。「一律」は「全部同じようす」では共通していますが、すべてを意図的に、同じようにしてしまうさまを表しています。

一様の類義語2:画一

「画一」は「個々の事情や個性を考慮にいれないで、全体を一樣にそろえること。」の意味を持ちます。

・私の卒業した学校は、画一的な指導でしたので、生徒の個性が伸びにくいと感じていた。
・チェーン店の、画一的なサービスが好きです。

この例文では、チェーン店のようにマニュアル化されて、どの店舗に行っても同じサービスが提供されるのを喜ぶ人もいます。「画一」はすべてが同じ状態で、個性がないさまを表しています。

一様の類義語3:均一

「均一」は「質や量などがどれも一樣であること、そのさま。」の意味です。

・市内バスの運賃は180円均一です。
・製品の重さは均一である。
・データは均一化された。

「均一」は「すべて同じ。」の意味でも、「数量、金額」など実際に目に見える商品や、お金などに使うことが多い言葉です。

一様の類義語4:一貫した

「一貫」は「いっかん」と読みます。「一貫した」は「はじめから終わりまで意志、手法が変わることのないさま、一本筋が通っていること。」の意味を持ちます。

「一貫した」は、はじめから終わりまで、同じ姿勢で取り組むことなどの意味で使います。

・彼は一貫して貧しい人たちを助ける努力をしてきた。
・一貫した体制で生産するのは難しい。
・兄弟には一貫した相似の相がある。

一様の3つ対義語

「一様」の対義語には、いったいどんな意味が含まれているのでしょうか。対義語は、同一言語のなかで、男⇔女、遠い⇔近いなどと、意味が正反対の関係にある語のことです。

これから、3つの対義語を例文を用いて、ご紹介していきます。さっそく見ていきましょう。

一様の対義語1:様々

「様々」は「それぞれ異なっていること。」の意味があります。

・彼は様々な賞をもらっている。
・和食レストランには様々なメニューがある。
・自然界に起こる様々な災害。

レストランには、ありとあらゆるメニューが揃っており「様々」の言葉を使います。「様々」の「おのおの異なっている」の意味と、「一様」では「同じさま」の意味なので、反対となる語になります。

一様の対義語2:多様

「多様」は「いろいろ種類の違ったものがあること。」の意味があります。

・われわれは製品を多様化しなければならない。
・消費者が利用できる多様な電話サービス。
・多様な国籍の観光客オフィス。

「ものごとなどに、たくさんの種類がある。」という意味を持つ、種類が豊富な点のところで対照的な語になります。

一様の対義語3:多種多様

「多種多様」は「多くの種類と、さまざまな状態があること。」の意味があります。読みかたは「たしゅたよう」と読みます。

・彼は多種多様な壁紙のサンプルを見せてくれた。
・スーパーには多種多様な商品がズラリとならんでいる。
・これまでの10年間、多種多様なモデルが構築されてきた。

例文をみて意味を考えますと、多くの種類があり、さまざまな状態であるところから、対照的な語になります。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

一様を使いこなすための豆知識3つ

「一様」の言葉には、どのような場面で使うのか、どんな言いかたがあるのでしょうか。

誰も知らないことを知っていると、教えたくなったり、話したくなっちゃうものです。褒められるとなおさらです。

一様の意味を知っていて、誰かに聞かれたときに、教えてあげられると役に立てることもあります。これから「一様」についての豆知識3つご紹介します。

一様の豆知識1:一様を使う場面

「一様」は「多くのものが、ひとつに見えるほど、同じように見える。」といった意味があります。

たとえば、高校野球を見ていますと、坊主頭でみな同じように見えることがあるでしょう。このようなときに、「高校球児の行進を見ると一様に見える。」などと言います。

興味をもって、しばらく見てみると、それぞれの個性が見えてきます。「一様」は、全部同じように見える意味ですが、「全部」を強調したところが特徴です。

一様の豆知識2 : 尋常一様の意味は?

「尋常一様」は「ほかと異なるところがなく、普通であること。」の意味の四字熟語です。

「会社の新商品の機能性が、尋常一様ではなかった。」ということがありますが、例文のように「ない」「なかった」と打ち消しをともなって、使われることが多いです。この場合は「普通ではなく、ほかとは違う特徴がある。」というニュアンスを含みます。

「尋常一様の練習では無理ですね。」の例文では、打ち消しをともなわない用法ですが多くの場合、ネガティブなイメージを含みます。

一様の豆知識3:一様を使った例文

「一様」を使った例文と意味をご紹介します。

・彼らは一様な反応をみせた。
・町の有力者は、みな一様に高台に豪邸を構えている。
・この映画は子どもと親が一様にたのしめる。

例文をみてお分かりいただけますように、「一様な」の場合、「一様な~」という表現になり、「~」のところには名詞が入ります。「一様に」の場合は、「一様に」の後に、「~する(した)」という動詞が入ります。

一様の意味を理解しよう

いかがでしたでしょうか、みなさん「一様」の意味をご理解していただけましたか。今回は一様の言葉の持つ意味、一様の、類義語や対義語、豆知識などをご紹介してきました。

意外と、一様の言葉を知っていても、使ったことがなかった人も多いのではないでしょうか。
意味を読んで理解し、知識を深めましょう。一様の意味を理解されて、ぜひこの機会に活用してください。

Related