Search

検索したいワードを入力してください

2020年01月29日

AmazonのADP配送に関する豆知識8つ|ADP配送を避ける方法

数年前からAmazonはADPでの配送を始めました。ADPは少ない人数で広い地域を担当しなくてはならないため、荷物が遅れたりトラブルが多くなっています。注文の仕方で配送業者を選ぶことができるのでADP発送を避けるためにも注文のシステムを熟知しておきましょう。

AmazonのADP配送に関する豆知識8つ|ADP配送を避ける方法

ADPとは?

ADPとはデリバリープロバイダーの意味で、大手配送会社以外の配送会社の集合体です。大手の配送会社がAmazonの配送から撤退したため、ADPを使うことでヤマト運輸と日本郵便の配送の負担を軽減しています。

通販でAmazonを利用する人は、Amazonの配送と注文のシステムを学ぶことで、最適な配送会社を選択できるようにしましょう。

Amazonの配送業者について

Amazonで買い物をする場合、配送を担当する配送業者を把握しておく必要があります。Amazonで通販を利用する場合、注文の仕方次第では配送会社を選ぶことができないので、注文と配送のシステムを熟知しておく必要があります。

Amazonで通販を利用する人は、注文のシステムを把握しておき、選択肢を広げることでスムーズに荷物を受け取りましょう。

AmazonのADP配送に関する豆知識8つ

AmazonのADP配送に関する豆知識が8つほどあります。ADPによる配送は大手配送会社のように荷物がスムーズに届かないことがあるので、ADP配送の特徴を理解して対応する必要があります。早く荷物を受け取るためにもADPの特徴を把握しておきましょう。

Amazonの通販を利用する人は、ADPで配送されたものをスムーズに受け取るためにも、荷物が届かなった際の対処法や追跡方法を知っておくようにしましょう。

ADP配送豆知識1:いつから導入されたのか?

ADPでの配送は首都圏では2年程前から、他の地域では1年程前から導入されています。2年程前は大手配送会社ドライバーの労働時間が長くなってしまうため、働き方自体を見直す風潮が広がり、そのための対策としてAmazonはADPでの配送を始めました。

Amazonを利用する人は、通販の利用者が多いことを承知しておき、各社配送会社からの配送を待つようにしましょう。

ADP配送豆知識2:ADPの配送になる条件

ADP配送の豆知識で覚えておきたいことにADPでの配送になる条件が挙げられます。Amazonで購入したものでダンボールに詰まれる荷物はヤマト運輸かADPによって運ばれるので時間指定での注文方法を選ぶか、ヤマト営業所止めにすることでヤマト配送にすることが可能です。

ADPでの配送を避けたい人は、注文をする際に時間指定便か代引き配送を選ぶことでADPでの配送を避けるようにしましょう。

ADP配送豆知識3:ADP配送の追跡方法

Amazonを利用する際はADP配送の追跡方法を知っておく必要があります。ADPで配送された荷物は限られた地域でしか追跡することができないので、デリバリープロバイダで送られた場合、Amazonの注文履歴から追跡する必要があります。

ADPで配送された荷物を追跡したい人は、ADPの配達中お荷物の状態照会で確認するか、Amazonの注文履歴から調べるようにしましょう。

ADP配送の豆知識4:ADPの置き配とは?

ADPで配送される場合、ADPの起き配のサービスを選択できます。通常の段ボールの荷物の場合、ADPでの配送となるので注文履歴から置き配を選び、荷物を置く場所を指定すれば、ADPの置き配サービスを利用することができます。

ADPの置き配サービスを利用する人は、人目につかない宅配ボックスやガスメーターボックスを置き配の場所として指定し、盗難を避けるようにしましょう。

ADP配送豆知識5:ADP配送の再配達依頼方法

ADPで配送された場合に備えて再配達の依頼方法も知っておく必要があります。ADPで発送されたものは、ADPの運転手がポストに入れていった不在票に記載してある電話番号に電話をするかAmazonのヘルプページからADPに電話をかけて再配達の依頼をします。

ADP配送を再配達させたい人は、ポストに投函された不在票に記された電話番号に電話をするかAmazonに連絡を入れ、再配達依頼をしましょう。

ADP配送豆知識6:トラブルは多いのか?

ADPで送られた荷物にトラブルが多いことも覚えておきたい豆知識です。ADPのドライバーは少ない人数で広い地域を担当しなければならないので、配達が大幅に遅れたり、訪問しても不在票だけを入れて帰ってしまうのでトラブルになっています。

ADPの荷物にトラブルがあった人は、Amazonカスタマーセンターに連絡を入れて対応してもらうか、ADPでの配送を避けることでトラブルを回避しましょう。

ADP配送豆知識7:ADP配送で荷物が届かない場合は?

ADP配送で荷物が届かない場合の対処法を知っておくことも大切なことです。ADPのドライバーは外国人ドライバーも多いため、土地勘がなく荷物が届きにくいことがあります。もし荷物が遅れる場合はAmazonカスタマーセンターに連絡を入れ対応してもらいましょう。

ADPの荷物が遅れて届かない人は、注文の段階で代引きやコンビニ受け取りを選ぶことでADPの発送を避けるようにしましょう。

ADP配送豆知識8:ADP配送の問合せ先

ADPで発送される場合、ADPの問合わせ先を知っておく必要があります。ADPで発送された場合、Amazonヘルプページから配達業者の連絡先の画面に進むことでADPの連絡先を知ることができます。

しかし、担当する地域によっては問い合わせできないことがあるので、その場合はAmazonに問い合わせの連絡をしましょう。

荷物が届かない人は、AmazonかADPに連絡を入れてその後の対処の仕方を考えましょう。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理して有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求をしてみてください。

ADP配送を避ける方法4つ

ADP配送を避ける方法が4点ほどあります。注文の際に時間指定をしたり、代引きで注文することでヤマト運輸に発送させることが可能になります。また、コンビニ受け取りやヤマト運輸の営業所止めにすることでADP発送を避けることが可能です。

Amazonを利用する人は、Amazonの注文と発送のシステムを熟知しておくことで、スムーズに荷物を受け取れる工夫をしましょう。

ADP配送を避ける方法1:時間指定をする

ADP配送を避ける方法に時間指定をする方法があります。商品を注文する段階で時間指定での配送を選ぶことでADPでの配送を避けることができます。

時間に余裕がない人は、商品を注文する段階で時間指定をし、荷物を確実に受け取ることで到着までの時間を短縮させましょう。

ADP配送を避ける方法2:代引きにする

ADP配送を避ける方法のひとつに代引きでの発送があります。代引きはお金を扱う作業になるため、Amazonは大手のヤマト運輸に配送を依頼することでトラブルを避けるようにしています。

ADP配送を避けたい人は、注文する段階で代引きでの受け取りを選択し、自宅かヤマト運輸営業所で荷物を受け取りましょう。

ADP配送を避ける方法3:コンビニ受け取りにする

ADP配送を避ける方法にコンビニ受け取りにする方法が選べます。ヤマト運輸は大手のコンビニと提携しているため、コンビニ受け取りを選択すれば近くのコンビニで荷物を受け取ることができるのでADPでの発送を避けることができます。

コンビニで荷物を受け取る人は、確実に荷物を受け取るためにも受け取るコンビニの場所を把握しておきましょう。

ADP配送を避ける方法4:ヤマト営業所受け取りにする

ADP配送を避ける方法にヤマト運輸営業所止めにする方法があります。ヤマト運輸営業所止めにすれば、Amazonからの荷物はヤマト運輸で運ばれるため、ADPの発送を避けることができます。

ヤマト運輸営業所止めにする人は、スムーズに荷物を受け取るためにも、自分が住んでいる地域を担当する営業所の場所を把握しておきましょう。

ADPによる配送の特徴を知っておこう

Amazonで通販を利用する場合、ADPによる配送の特徴を知っておきましょう。ADPでの発送は荷物の到着が大幅に遅れることが多いのでトラブルを避けるためにも、注文システムを理解し、配送業者の選択肢を広げるようにしましょう。

Amazonを利用する人は、配送業者とのトラブルを避けるためにも、Amazonでの発送と注文のシステムを熟知して最適な配送会社を選ぶようにしましょう。

Related