Search

検索したいワードを入力してください

2019年12月18日

「老害」意味とは|老害と呼ばれる人10つの特徴と対処法6つ

最近、「老害」という言葉をよく耳にするようになりました。そこでこの記事では「老害」という言葉の意味や定義について解説しています。加えて、老害と呼ばれる人の特徴や老害への対処法についてもご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

「老害」意味とは|老害と呼ばれる人10つの特徴と対処法6つ

老害とは

みなさんの職場や親せきに、「老害」と呼ばれている人はいないでしょうか。あるいは、あなた自身が誰かに「老害」と後ろ指をさされてしまってはいないでしょうか。

近年、若者にとって害を及ぼすような中高年世代のことを「老害」と表現することが増えてきました。

この記事では「老害」の意味や使い方に加えて、老害と呼ばれてしまう人の特徴についてご紹介しています。

身近にいる老害でお悩みの方は、ぜひ最後までご覧ください。

老害の意味と使い方

老害とはどのような意味なのでしょうか。まずはその意味について確認しておきましょう。

老害とは若者に「害」を及ぼす「老人」のこと、具体的には、自分が老いて理性的な判断や正しい行動ができなくなっていることを自覚せず、若者に口出ししたり妨害する存在を意味します。

ちなみに、高齢者に限らず、中年世代でも時に「老害」扱いされることもあります。老害の使い方としては、「あの人は老害だ」といった表現が一般的でしょう。

老害と呼ばれる人10の特徴

ここまでは簡単ではありますが、「老害」の意味について簡確認してきました。老害とは若者から嫌われ疎まれる高齢者を意味する言葉ですが、具体的にどのような特徴を持っていれば「あの人は老害だ」と言えるのでしょうか。

「老害」という言葉の意味について深く理解するためにも、ここからは老害と呼ばれる人の特徴を10個ピックアップして解説していきます。

中高年の方は、ご自身を振り返りながらチェックしてみてください。

老害と呼ばれる人の特徴1:人の意見に耳を貸さない

老害と呼ばれる人の特徴としてまず挙げられるのが、人の意見に決して耳を傾けようとしないということです。

老害とはしばしば頑迷な高齢者を意味する言葉であり、このような人物は自分のことを絶対的な正義であると信じ込んでしまっているので、他人からどんなに建設的な意見を述べられたとしても、それを頑なに受け入れようとはしません。

さらには、自分に意見してくる相手に「生意気だ」と説教をするのも、老害ならではです。

老害と呼ばれる人の特徴2:怒りっぽい

怒りっぽいというのも、老害を意味する特徴のひとつとして挙げられるでしょう。周囲から尊敬される高齢者は穏やかな性格をしているのに対し、老害と呼ばれる人は総じて怒りっぽく、自分の感情を上手にコントロールすることができません。

精神的に幼稚である場合もしばしばですが、老害は「怒って威嚇さえすれば相手を自分の言う通りに動かせる」ということを経験上学んでいるため、わざと怒って相手を自分に服従させようとします。

老害と呼ばれる人の特徴3:プライドが高い

老害を意味する特徴のひとつとして、プライドが高いということも挙げられます。もちろん、確かな実力や経験に裏打ちされたプライドならば老害を意味しません。

老害はたいした実力も経験もないのにもかかわらず、ただ年配者であるという事実だけで「自分は偉い」と思い上がり、また「自分より年下の人間は経験が浅く劣っている」と周囲を見下しています。

だからこそ、人から意見をされたり指示をされることに耐性がありません。

老害と呼ばれる人の特徴4:意味なく話が長い

意味もなく話が長いというのも、老害を意味する特徴のひとつに数えられるでしょう。老害とは、自分が周囲に迷惑がられていることを気づかない存在を意味する言葉でもあります。

老害は全く中身のない内容であるにもかかわらず、相手の迷惑を全く気にせずに長々と自分の話をしがちです。

自分の話が長くつまらないことに気づいていない人物こそ、老害を意味します。また、老害は周囲が自分の話に傾聴すべきだと傲慢にも考えています。

老害と呼ばれる人の特徴5:自分の価値観を押し付ける

老害を意味する特徴のひとつとしてご紹介したいのが、自分の主張や価値観を一方的に押し付けるということです。

頭の中の辞書に「対話」という文字が存在しない人物こそが、老害を意味すると言っても過言ではありません。

老害は自分が誰よりも正しく優れた考えを持っていると信じ込んでいるので、自分と価値観が異なる相手を認めたり見過ごすことは決してせず、相手が間違っていると決めつけて自分の価値観を押し付けます。

老害と呼ばれる人の特徴6:年上というだけで威張り散らす

年上というだけで自分が誰より偉いと思い込んでいるというのも、老害を意味する特徴のひとつでしょう。

老害は「年功序列」という価値観を強く持っており、周囲の人よりもただ年を取っているというだけで、自分は偉い存在であり周囲から敬われるべき存在であると思い込んでしまっています。

だからこそ、年下に対しては無条件で威張り散らすのでしょう。また、自分にへりくだった態度を取らない相手がいたならば感情的に攻撃します。

老害と呼ばれる人の特徴7:「最近の若い奴はダメ」が口癖

老害を意味する特徴のひとつとして挙げられるのが、何かと「最近の若いやつはダメ」というフレーズを口にするということです。

老害は、自分を含む高齢者は良識と正義があるのに対して、若者は根性がなく常識も良識もないという偏見をもっています。

加えて、老害ならではのプライドの高さゆえに周囲を見下す傾向があり、もっぱら若者をそのターゲットとします。若者を馬鹿にして批判することで、自尊心を満足させたいのでしょう。

老害と呼ばれる人の特徴8:時代遅れの価値観にしがみつく

時代遅れの価値観にしがみついているというのも、老害を意味する特徴のひとつとして挙げられるでしょう。

老害はとにかく頑迷で思考が硬直しているため、新しい価値観を柔軟に取り入れることができません。

無条件の年功序列や男尊女卑といった昭和世代の悪しき価値観や風習にしがみつき、それを貫き通します。

当然、そのような旧態依然とした価値観や振る舞いは現代社会では受け入れられないので、周囲と軋轢を起こすでしょう。

老害と呼ばれる人の特徴9:自分が間違っていても謝罪しない

老害を意味する特徴のひとつとして、たとえ明らかに自分が間違っていたとしても決して謝ろうとしないということも挙げられます。

老害はとにかくプライドが高く、同時に周囲の人々を見下しているため、自分に非があることが明白であってもそれを素直に認めて相手に謝罪することができません。

謝るどころか、逆切れをします。自分は周囲に敬われるべき存在であり、周囲の人々は自分よりも劣った存在であると考えているからです。

老害と呼ばれる人の特徴10:意味もなく説教をしたがる

意味もなく説教をしたがるというのも、老害と呼ばれる人の特徴のひとつに数えられるでしょう。

老害は自分よりも年下というだけで相手を見下し、自分の醜い自尊心を満たすために講釈を垂れたがります。

たとえ初対面の相手であっても、若者であればそれだけで老害の説教のターゲットにされてしまうでしょう。

とにかく上から目線でダメ出しをし、相手のことを何も知らないのに一方的に「ここがダメだ」と批判をします。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

老害の対処方法6つ

以上では、老害と呼ばれる人ならではの特徴についてご紹介してきました。みなさんの周りにも、このような特徴をもったシニア世代の人物が1人や2人はいるのではないでしょうか。

老害がいれば、それだけで周囲の人々は陰に陽にストレスを受けることになります。老害と関わる程度が大きければ大きいほど、ストレスも強くなるでしょう。

ここからは老害への対処法を6つピックアップしてご紹介していきますので、ぜひご参考ください。

対処方法1:参考になる事は受け入れる

老害の対処方法としてまずご紹介したいのが、参考になることは素直に受け入れるということです。

たとえ相手が老害と呼ぶべき人物であったとしても、その話や説教に耳を傾けるべき点があることもしばしばです。

「老害の言うことだから」と全てを拒絶してしまうのではなく、まずは謙虚になり、年長者から学ばせてもらう気持ちで相手の話に耳を傾けてみてはいかがでしょうか。

そうすることで、老害が可愛がってくれることもあります。

対処方法2:直接に否定しない

直接否定しないというのも、老害への対処方法のひとつとして挙げられるでしょう。

老害はすさまじくプライドが高いので、たとえ100%間違っていたとしても、それをストレートに指摘してしまうと相手を激高させてしまいます。

わざわざそのようなトラブルを起こすのも時間と労力の無駄ですので、相手が間違っていることがあっても直接的に否定せず、相手の顔を立てながらやんわりと正してあげるようにしてみてください。

対処方法3:必要以上に関わらない

老害への対処方法のひとつとして、必要以上に関わらないということも挙げられます。老害はいるだけで周囲にストレスを与える存在ですので、できるならば関わらないのが一番です。

「さわらぬ神にたたりなし」という言葉があるように、老害にはなるべく近づかないほうがよいでしょう。

一度でも愛想よく話を聞いてあげると、それ以降長話や説教のターゲットにされてしまうリスクが高いので要注意です。

対処方法4:真っ向対決しようとしない

真っ向から対決しようとしないというのも、老害への対処方法のひとつに含まれます。たとえ老害から理不尽なことをされたとしても、正面対決をすれば老害からさらに理不尽極まりない攻撃を受けることになるからです。

真っ向対決したい気持ちは十分に理解できますが、ここはひとつ賢くなり、第三者に間に入ってもらったりして老害とは直接対峙しないようにすることが大切でしょう。

対処方法5:説教や論説は軽く受け流す

老害への対処方法のひとつとしてご紹介したいのが、説教や論説をされたならば軽く受け流すということです。

老害は自分よりも年下であればだれに対しても説教や講釈を垂れたがるものですので、いちいち真に受けずに聞き流すようにしてみてください。

また、愛想よく丁寧に接してしまうと「こいつなら自分の話を聞いてくれる」と思われ、それ以降もしつこく説教のターゲットにされるので注意したいところです。

対処方法6:ひどい時にはハラスメント相談室へ

老害から耐えられないほどの被害を受けたならば、ハラスメント相談室などに相談してみてください。

職場に老害がいる場合、本人に反論しても逆切れされて状況が余計に悪くなるだけですので、できるだけ証拠を集め、ハラスメント相談室などに駆け込むのが一番です。

老害の意味や特徴を知っておこう

今回は老害の意味やその特徴などについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

老害はとにかく頑迷でプライドが高く、若者に対して攻撃的な態度を取ってくるので、できるだけ当たり障りのないように接するのが一番です。

Related