Search

検索したいワードを入力してください

2019年12月17日

義母の年賀状に一言添えるおすすめ例文7選|年賀状を出すマナー

義母に年賀状を出す場合は、どのような点に注意すればいいか悩んでしまう人も多いでしょう。義母との関係をより良くしたい場合は、一言添えて出すことがおすすめです。ここでは、おすすめの例文を紹介するので、参考にしてみましょう。義母との関係別の例文をまとめています。

義母の年賀状に一言添えるおすすめ例文7選|年賀状を出すマナー

年賀状は日本行事の一つ

年賀状は、古くからはの奈良時代や平安時代から続く日本の伝統的な行事です。一般の人にも年賀状を書く習慣が広まったのは、明治時代のことでした。

その後お年玉付郵便はがきは、2003年には発行枚数が44億5936万枚にまで到達しました。現在はSNSなどの普及により発行枚数は減少していますが、義母世代は年賀状を出し続けている人も多いでしょう。

年賀状に一言添え書きする意味

年賀状の一言添えには、相手を思いやる気持ちが込められています。すでに印刷されている例文だけでは、味気なく感じる人も少なくありません。

相手の幸せや健康、新しい年の活躍をお祈りして、年賀状に一言添えを書くとよいでしょう。年賀状だけの付き合いという場合であっても、一言添えがあればうれしいものです。

さらに義母など近しい人に年賀状を送る場合は、忘れず書いておくことがおすすめです。

手書きが良い理由

年賀状の一言添えが手書きがおすすめの理由は、印刷した文章との区別をつきやすくするためです。一言添えもパソコンで制作した場合は、テンプレートの文章なのではないかと感じる義母世代も少なくありません。

さらに日本では、自分のために手間暇かけてくれたということを喜ぶ人が多いです。面倒でも手書きで一言添え書きをすれば、印象アップも間違いなしでしょう。

義母へ年賀状へ一言添えるおすすめ例文7選

年賀状に一言添える際に悩むことが多いのは、義母へのメッセージです。義母は自分の家族ではなく、パートナーの親であまり親しくない場合も少なくありません。

しかし、年賀状で一言添えしておけば、印象がよくなってスムーズな人間関係を築くきっかけになることもあります。

年賀状の一言添えにおすすめの例文を紹介していくので、参考にしてみてください。

義母への年賀状例文1:相手へ感謝を伝える例

義母への年賀状例文でおすすめなのが、「いつもありがとうございます。」という一言添えです。シンプルですが、義母が喜ぶこと間違いなしです。

もっと一言添えを長い文章で書きたい場合は、「いろいろとお世話していただき感謝しています。」、「今の私達があるのは、お母さんのおかげです。」など普段口では言えない言葉を書き記すとよいでしょう。

義母への年賀状例文2:自分達近況を伝える例

普段なかなか会えない義母への一言添えの例文には、「元気でやっています。」や「子供も大きくなりました」など近況を伝える一文がおすすめです。

両親が遠方に住んでいる場合は、年賀状に家族の写真を添えて送ることがよいでしょう。さらに年賀状だけでなく、電話などで近況報告をすることも好感度があがります。

正月に帰省しない場合は、丁寧に一言添えすることがおすすめです。

義母への年賀状例文3:相手の健康を気遣う例

高齢の義母には、「お風邪など召しませぬようお大事になさってください」などという健康を気遣う例文がおすすめです。義母がなにか大きな怪我や病気をした場合は、その後の体調はどうかという文を年賀状に添えておきましょう。

健康が取り柄という義母であっても、健康を気遣われることはとてもうれしいことです。無理をしないようにという趣旨の一文が年賀状にあるかないかで印象が異なります。

義母への年賀状例文4:相手の幸せを願う例

義母への年賀状例文には、「ますます元気なお二人でいてください」など相手の幸せを願う一言添えもおすすめです。あまり頻繁に会うことのない義母へのメッセージにぴったりでしょう。

ただ相手の幸せを願う文は、よそよそしい印象を与える可能性もあります。友人や取引先へ使われることの多い「ご健康とご多幸をお祈りいたします」などという距離感のある例文は、使わないほうがよいでしょう。

義母への年賀状例文5:頻繁に会っている義母へ例

頻繁に会っている義母への年賀状の例文は、「いつも孫の世話をしていただきありがとうございます」や「いつも美味しい手料理ありがとうございます」など日頃の感謝を伝える文がおすすめです。

近くに住んでいる義母の場合は、一言添えも親しみを持った文にすることがおすすめです。幼いこともがいる場合は、子供に年賀状を手渡しさせてもよいでしょう。

義母への年賀状例文6:たまに会っている義母へ例

「またお伺いさせてください」という例文が、たまに会っている義母への年賀状におすすめです。具体的にどこか行くことが決まっている場合は、その約束を楽しみにしているという文もよいでしょう。

たまに会っている義母は、現在なにか健康上に問題を抱えているかなど普段の様子がわかりやすいです。なにか義母がハマっている趣味があれば、そのことに言及してもよいです。

義母への年賀状例文7:久しく会っていない義母へ例

久しく会っていない義母の年賀状には、「平素のご無沙汰をお詫び申し上げます」という例文は必ず付け加えましょう。さらに、「お会いできる日を楽しみにしています」などという一文をつけることもおすすめです。

久しく会っていない義母は、なかなか会えないことに不満を感じている場合もあります。会えないことを心苦しく感じていることが伝わるような文章にするとよいでしょう。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう!まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

年賀状を出す際のマナー

年賀状を出す際のマナーは、例文以上にしっかり頭に入れておくことがおすすめです。義母の性格によっては、マナーがなっていないとお叱りを受けるケースもあります。

お正月で帰省した時に年賀状のマナーで義母から小言を言われたくない場合は、宛名や差出人の書き方などをしっかりチェックしておくことが大事です。

一言添えの例文が決まった人は、マナーにも留意するとよいでしょう。

マナー1:宛名の書き方

宛名の書き方は、裏面の文面と同じ向きにすることがマナーです。一言添えの例文を採用して縦書きに書いた人は、宛名も縦書するとよいでしょう。

反対に裏面を横書きの例文を採用した人は、宛名も横書きにしたほうが読みやすいです。都道府県などは省略せず、縦書きの場合は漢字で数字を書くことがマナーです。

最近は宛名も印刷する人が多いですが、できれば手書きのほうが喜ばれるでしょう。

マナー2:差出人の書き方

差出人の書き方は、夫婦そろっての連名にすることがマナーです。黒や黒に近いブルーで書くようにしましょう。

義母に年賀状を送る場合は、子供の名前も一緒に書いておくと喜ばれるでしょう。宛名よりも小さな字で書くことがマナーです。

マナー3:喜ばれる写真の選び方

義母に年賀状を送る場合は、子供の写真を選ぶとよいでしょう。子供の写真は友人や会社関係の年賀状には避けた方がよい場合もありますが、義母や親せきには喜ばれること間違いなしです。

年賀状は必ず一言を添えよう

年賀状には、例文で紹介したような一言添えを付けることが大事です。義母の場合は、義母の性格や日頃の付き合いを考えて例文を参考にアレンジしていくことがおすすめです。

義母との関係がよくなって、楽しい正月が過ごせるでしょう。

Related